[証明書] Rapid-SSL で取得した証明書を更新する

こんにちは。

今回はRapid-SSLで取得している証明書を更新する方法を紹介します。

  1. Rapid-SSLへ接続します。
    SSL証明書 RapidSSL 4300円 ワイルドカード 39000円 (RapidSSL Strategic Partner)

  2. 更新お申込 をクリックします。

  3. 最下部にスクロールし、 お申し込みフォームへ へ進みます。

  4. 以下を参考に入力します。ページ中のCSRはCSR作成ツールを利用します。

    Rapid-SSL.jp 秘密鍵&CSR(証明書署名要求)作成ツール2048ビット対応版

  5. 別ページで作成されますので、ページを閉じずに置いておきます。

  6. 作成したCSRを入力、各項目を入力して 作成 をクリックします。(ここまでは 手順4と同じ画面 です)

  7. 内容を確認し、進みます。

  8. 担当者情報を入力します。
    今回の紹介では、発行承認はファイルアップロードで承認 を選択します。

  9. 申し込みを確定します。

  10. 決済情報を入力し、決済します。

  11. 承認のために、 http(s)://documentroot/well-known/pki-validation/fileauth.txt にメールで指定された文字列(PIN)を記載したファイルを配置します。配置すると、 10分ほど で 「【通知】 SSL サーバ証明書発行完了のお知らせ」 というタイトルのメールが到着します。
    以下から状況を確認することもできます。
    SSL サーバ証明書 RapidSSL RapidSSLワイルドカード サポートページ
    承認されたあとは、 fileauth.txtを削除 しましょう。

  12. 証明書はメール本文に記載されていますので、CSR発行時にコピーした秘密鍵を更新してWebサービスを再起動して反映します。

以上で簡単に証明書を更新することができます。
参考になれば幸いです。

それでは次回の記事でお会いしましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください