Git

GitHub の Pull Request の差分から変更されたファイル名一覧を抜き出す

GitHub Pull Request

資料をまとめたりするときに使えるかもしれない、ちょっとした小ネタです。 Git で差分のあるファイル名を抽出するには git diff を使えばいいのですが、そのファイル名を使ってごにょごにょ加工したい場合、(私は)JavaScript のほうが便利なので、 GitHub の Pull Request を利用することにしました。 やりたいこと ちなみに gi・・・続きを読む

PowerShell で Git の最新タグを取得して変数に格納する

Git で対象のブランチの最新のタグ名を取得するには git describe コマンドを使います。 今回はタグ名を PowerShell のスクリプト内で利用する必要があったので、変数に格納してみました。 Git のタグ名を変数に格納 PowerShell で外部コマンドを実行して結果を変数に格納するには & (アンパサンド) を使います。 直近の・・・続きを読む

SourceTree でサイズの大きいソースコードの差分 (diff) が見えない問題

SourceTreeでサイズの大きいファイルの差分が表示されない

SourceTree を使っていて、一部のソースコードの diff が確認できなくて困ったのでメモです。 現象 SourceTree 画面下部の変更差分表示で、行数が多い (ファイルサイズの大きい) ファイルの場合「このファイルは、変更されていないか、または、バイナリファイルです。」と表示されます。 ファイルの拡張子的にも中身もソースファイルには間違いありま・・・続きを読む

SourceTree で GitHub Login 画面が連発する

こんにちは、じんないです。 久しぶりに SourceTreeを起動し、GitHub上のリポジトリをフェッチしてみるとGitHubのログイン画面がでて認証を求められました。 正しいユーザー名とパスワードを入れているのにもかかわらず、GitHub Login 画面が連発します。 フェッチや新しいリポジトリのクローンもできませんでした。 結論から言うと、Gitの再・・・続きを読む

Git Bash for Windows で重複したコマンド履歴 (history) を残さないようにする

Windows のコマンドプロンプトは正直いって使いにくいので、ある程度コマンドに慣れた人なら、なんらかのターミナルエミューレーターをインストールされていることでしょう。 Git for Windows をインストールするとおまけのようにインストールされる Git Bash は Linux に近くて意外と使いやすいですし、当然ながら Git との親和性も高い・・・続きを読む