Windows Server

リモートデスクトップするとCreadSSP暗号化オラクルの修復である…と出る

こんにちは。 2018年5月頃の少し古い話ですが、2018年5月の更新プログラム適用 するとリモートデスクトップ接続時に、以下のエラーとなってしまう現象が発生していました。 認証エラーが発生しました。 要求された関数はサポートされていません リモート コンピューター: 原因は CredSSP 暗号化オラクルの修復である可能性があります。 詳細については、ht・・・続きを読む

バックアップ保存先の空き容量があるにもかかわらず Windows Server バックアップが失敗する

こんにちは、じんないです。 Windows Server では標準で Windows Server バックアップという機能が備えられており、役割と機能の追加からその機能を有効化することができます。 バックアップの保存先にネットワークドライブを指定する場合、有償のバックアップソフトウェアのように世代管理ができませんが、特に難しい設定が無く OS を丸ごとバック・・・続きを読む

[VMware] TeraStation TS5410DN と MegaRAID 9261-8i で仮想マシンのベンチマークを測定してみた

こんにちは、じんないです。 先日、VMware ESXi のデータストア用 (NFS) として TeraStation TS5410DN を導入しました。 別のデータストア (VMFS) で運用していた仮想マシンを引っ越しする際に、ディスクアクセスにどれだけ差があるのかベンチマークを測ってみました。 想定環境 仮想化基盤: VMware ESXi 6.5 仮・・・続きを読む

[VMware] 仮想マシン作成時に sysprep を自動化する方法

こんにちは、じんないです。 VMware で仮想マシンテンプレートを作成し、テンプレートから新規仮想マシンをデプロイすることはよくあると思います。 Windows では仮想マシンテンプレートからデプロイした場合、Security ID (以下、SID) が同じになってしまいます。 下図は、同じ仮想マシンテンプレートからデプロイした仮想マシンの SID を調査・・・続きを読む

Windows Server の更新プログラムの適用と再起動のタイミングを制御する

こんちには、じんないです。 Windows Server を運用していれば Windows Update (更新プログラム) をどうするかという問題を考えないわけにはいきません。 クローズドネットワーク内であれば Windows Update を適用しないという手もありますが、インターネットにアクセス可能な環境であれば少なくともセキュリティパッチだけでも当て・・・続きを読む