和歌山レク ~酒とまぐろと温泉と~

2018年9月1日~2日にかけて和歌山へ社員旅行にいってきました。

あいにくの天気ではありましたが、一部晴れ間もあり、ほぼ予定どおりの行程を楽しむことができました!!

1日目

大阪から約 1.5 時間、和歌山の銘酒 「黒牛」で有名な 名手酒造店(名手はナテと読みます)へお邪魔しました。

試飲もしつつ

併設された 酒造り資料館 温故伝承館 で酒造りの歴史を学びました。

昼食はとれとれ市場で…の予定でしたが、混雑していたので、向かい側の 海鮮寿司とれとれ市場 へ。

回転寿司ではありますが、ネタはクオリティが高いです。
(食べるのに夢中で誰も写真を撮っていません・笑)

夜飲みのお酒などの買い出しをすませ、本日のお宿、串本ダイビングパーク へ。

今回はダイビングはしませんが、写真のようなけっこうきれいなログハウスがあり、お子さん連れでも楽しめると思います。

ログハウスのテラスでバーベキューができないのが少し残念ですが、どのみちこの日は雨でバーベキューができなかったため、レストラン棟で焼き肉を楽しみました!

夜は花火を楽しんだり

自家製の燻製を満喫しました。

2日目

二日目は 橋杭岩 を観光したあと、

太地町でかつての捕鯨船と記念撮影しつつ、

那智勝浦でまぐろと温泉を堪能しにいきました。まぐろは 桂城 さんでいただきました。

おなかがいっぱいになったところで、送迎船に乗り ホテル浦島 へ。

有名な洞窟温泉、忘帰洞にのぞみます。


※画面はイメージです。

台風の影響で一番外側には出られませんでしたが、やはり海をながめながらの温泉は気持ちよかったです。

企画してくれたみなさん、ありがとうございました!!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください