グループポリシーでリモートデスクトップを許可するユーザーを設定する

こんにちは、じんないです。

あるコンピューターだけ特定のユーザーからのリモートデスクトップ接続を許可したいと思う場面もあると思います。

ワークグループ環境やローカルで個別に設定するのであれば、システムのプロパティ > リモートタブ > ユーザーの選択 からリモートデスクトップユーザーを追加することで可能になります。

ドメイン環境で対象のコンピューターが複数ある場合においてはグループポリシーから設定するのが便利です。

今回はグループポリシーを使って、特定のコンピューターに対してリモートデスクトップ可能なユーザーを設定する方法を紹介します。

大まかな流れは以下のとおりです。

ポリシー割り当てる箱(OU)をつくる → ポリシーの作成 → ポリシー内容の設定 → ポリシーの割り当て

ではさっそくはじめていきましょう。

想定環境

ドメインコントローラー: Windows Server 2012 R2
クライアント: Windows 8.1

ポリシーを割り当てるOUをつくる

まずは、対象のコンピューターを格納するためのOUをつくります。

このOUにリモートデスクトップを許可したいコンピューターを移動させることで、ポリシーがあたるようにします。

今回は分かりやすいように、RDP OK Computers としました。

ポリシーの作成

本稿では便宜上ポリシーと表記していますが、実際にはグループポリシーオブジェクト(GPO:Group Policy Object)と呼びます。

左ペインのグループポリシーオブジェクトから新しいポリシー(GPO)を作成します。

ポリシーの名前はAllow RDP としました。このポリシーをRDP OK Computers にリンクします。

対象はデフォルトで入っているAuthenticated Usersで構いません。

Tech Netによると、Authenticated Usersについて以下のように記載されています。

Authenticated UsersはIDが認証されたすべてのユーザーおよびコンピュータが含まれます(Guestを除きます)ので、Usersグループに含まれるユーザーなどはすべてAuthenticated Usersにも含まれます。

Tech Net: Authenticated Usersについて

Usersとありますが、コンピューターも含まれているようです。

ポリシー設定

ポリシーは以下のとおり設定します。

制限されたグループにRemote Desktop Usersを追加

  • コンピューターの構成 > ポリシー > Windowsの設定 > セキュリティの設定 > 制限されたグループ

かなり苦戦をした部分ですが、リモートを許可するにはローカルアカウントのRemote Desktop Usersに所属している必要があるようです。

デフォルトは何もないので、グループ追加でRemote Desktop Usersを追加します。

このとき、許可したいユーザーをグループに追加しておきましょう。

サービスの自動起動設定

  • コンピューターの構成 > ポリシー > Windowsの設定 > セキュリティの設定 > システムサービス

Remote Desktop Serviceを自動起動に設定します。

このポリシーの設定を定義するにチェックを入れて、サービスのスタートアップモードを自動にします。

ファイアウォールの許可

  • コンピューターの構成 > ポリシー > Windowsの設定 > セキュリティの設定 > セキュリティが強化されたWindows ファイアウォール > セキュリティが強化されたWindows ファイアウォール > 受信の規則

リモートデスクトップをファイアウォールで許可します。

右クリックして新しい規則を追加します。

事前定義でリモートデスクトップを選択します。

すべてにチェックが入っていることを確認します。

接続を許可するが選択されていることを確認し、完了します。

適用するプロファイルを変更する場合は、個別にプロパティを開いて変更してください。

リモート接続の許可

  • コンピューターの構成 > ポリシー > 管理用テンプレート > Windowsコンポーネント > リモートデスクトップサービス > リモートデスクトップセッションホスト > 接続

これをやっとかないとそもそもリモート接続ができないので、注意してください。

ユーザーがリモート デスクトップ サービスを使ってリモート接続することを許可するを未構成から有効にします。

「ネットワークレベル認証でセキュリティを向上したいわ」とお考えの方は以下の設定を実施してください。

※リモートを許可する上の設定では必須ではありません。

  • コンピューターの構成 > ポリシー > 管理用テンプレート > Windowsコンポーネント > リモートデスクトップサービス > リモートデスクトップセッションホスト > セキュリティ

リモート接続にネットワーク レベル認証を使用したユーザー認証を必要とするを未構成から有効にします。

ネットワークレベル認証については以下を参照してください。

Tech Net: リモート デスクトップ サービス接続のネットワーク レベル認証を構成する

ポリシーの割り当て

ポリシーの作成が完了したら、対象のコンピューターへとポリシーを割り当てます。

RDP OK ComputersのOUに対象のコンピューターを移動させることでポリシーを割当てることができます。

デフォルトではComputersに格納されているので、右クリック > 移動 から移動先のOUを指定します。

これでポリシーの割り当ては完了です。

接続チェック

対象のコンピューターに対象のユーザーでリモートデスクトップ接続を行います。

正常にログオンできればOKです。

ログオンできない場合

グループポリシーの反映に遅延が生じている場合があります。

対象のコンピューターで以下のコマンド実行し、グループポリシーの再読み込みを行います。

gpupdate /force

それでも、ログオンできない場合はそもそもグループポリシーが割り当たっているのかを確認します。

以下のコマンドを実行して、コンピューター設定 > 適用されたグループポリシーオブジェクトにAllow RDPの有無を確認します。

gpresult /r

無い場合は、グループポリシーが割り当たっていないので、これまでの手順を確認してみてください。

ではまた。

SNSでもご購読できます。