[ASP.NET Core] Blazor Server 入門 (EF Core + SQL Server 編)

前回 はインストールとセットアップを行ったので、今回は Entity Framework Core (EFCore) を使って SQL Server に接続してみます。

SQLite で始める例も多いですが、今回はより実践的になるよう、既存のデータベース (SQL Server) に接続することを想定します。

前提

環境

前回の続きを想定します。

  • Visual Studio Code 1.38.1
  • .NET Core 3.0 (SDK 3.0.100)
    • Microsoft.AspNetCore.Blazor.Templates 3.0.0
    • Microsoft.EntityFrameworkCore.SqlServer 3.0.0

冒頭に書いたとおり、データベースへの接続と操作には Entity Framework Core (EFCore) を使います。リファレンスは下記のページです。

データベース

下記のようなデータベースが既存で存在することを仮定します。

- hogehoge データベース
  - dbo スキーマ
    - D_Users テーブル
      - id 列 (integer, PK)
      - name 列 (nvarchar(256))

すなわち、下記の SQL で dbo.D_Users テーブルの中身が取得できる想定です。

USE hogehoge;
SELECT id, name FROM dbo.D_Users;

以後、データベース構造やテーブルについては、ご自身の環境で読み替えてください。

実践

パッケージのインストール

Microsoft.EntityFrameworkCore.SqlServer をインストールします。最新バージョンでよければ --version オプションは不要です。

また前回構築したフォルダー構成のため、 src フォルダーを指定していますが、ワークスペース直下にプロジェクトがある場合は src 部分の指定は不要です。

$ dotnet add src package Microsoft.EntityFrameworkCore.SqlServer --version 3.0.0

既定で最新のリリースバージョンがインストールされるはですが、必要に応じてバージョンを指定してください。最新のバージョン番号は NuGet で確認できます。 (執筆時点では 3.0.0)

EF Core のツールも Microsoft.EntityFrameworkCore.Tools でインストールしておきます。

$ dotnet add src package Microsoft.EntityFrameworkCore.Tools

モデルクラスの準備

Users テーブルに対応するモデルとして User クラスを作成します。今回は Data/User.cs としました。

using System.ComponentModel.DataAnnotations;
using System.ComponentModel.DataAnnotations.Schema;

namespace MyFirstBlazorApp.Data
{
    /// <summary>
    /// ユーザー
    /// </summary>
    [Table("D_Users", Schema = "dbo")]
    public class User
    {
        /// <summary>
        /// ID
        /// </summary>
        /// <value></value>
        [Key]
        [Column("id")]
        public string Id { get; set; }
        /// <summary>
        /// Name of the user
        /// </summary>
        /// <value></value>
        [Column("name")]
        public string Name { get; set; }
    }
}

このようにモデルと DB の定義名が違う場合は Table, Column などのデータ注釈で DB の定義名を指定します。主キー (PK) は [Key] で指定しておきます。

なおプログラム上、必要のないカラムは特に定義する必要はありません。

ちなみにモデルクラスは既存のデータベースから対象のテーブルを指定してリバースエンジニアリングすることも可能です。

モデルのリバース エンジニアリングを行う – ASP.NET Core – 既存のデータベース – EF Core の概要 | Microsoft Docs

テーブル数が多い場合などは、工数の削減につながりそうです。

DbContext の準備

Data/HogehogeDbContext.cs を作成し、データベースコンテキストを定義します。このあたりは従来の Entity Framework と同様です。

コンテキストのファイル名 (クラス名) は任意でかまいません。

using Microsoft.EntityFrameworkCore;

namespace MyFirstBlazorApp.Data
{
    public class HogehogeDbContext : DbContext
    {
        public HogehogeDbContext(DbContextOptions<HogehogeDbContext> options)
            : base(options)
        {
        }

        public virtual DbSet<User> Users { get; set; }
    }
}

DbSet<T>User モデルのデータセットを定義すれば、 context.UsersD_Users テーブルのデータにアクセスできるようになります。

DB 接続情報の定義

DB の接続文字列 (ConnectionString)appsettings.jsonConnectionStrings に定義して読み込めますが、今回は開発環境なのでとりあえず appsettings.Development.json に定義します。

{
  "ConnectionStrings": {
    "HogehogeConnection": "Data Source=サーバー;Initial Catalog=hogehoge;Persist Security Info=True;User ID=ユーザー;Password=パスワード"
  },
  "Logging": {
    "LogLevel": {
      "Default": "Debug",
      "System": "Information",
      "Microsoft": "Information"
    }
  }
}

データサービスの準備

作った HogehogeDbContext を直接ビューから呼び出してもいいのですが、依存関係を減らすため、データサービスを作成します。

Blazor テンプレートで生成される WeatherForecastService を真似て作ります。

using System.Linq;
using System.Threading.Tasks;
using Microsoft.EntityFrameworkCore;

namespace MyFirstBlazorApp.Data
{
    public class HogehogeDataService
    {
        // DbContext being injected by DI
        HogehogeDbContext _Context { get; }

        public HogehogeDataService(HogehogeDbContext context) =>
            _Context = context;

        /// <summary>
        /// Gets the entire user list.
        /// </summary>
        /// <returns></returns>
        public Task<List<User>> GetUsersAsync() =>
            _Context.ShukketsuKubun
                .OrderBy(x => x.Id)
                .ToListAsync();
    }
}

ここでは D_Users テーブルのデータを単純にすべて取得するだけのメソッドを定義しています。

この _Context は DI (依存性注入) により、コンストラクター経由で実際のインスタンスが設定されます。

サービスの登録

StartupConfigureServicesHogehogeDbContextHogehogeDataService をサービスとして登録します。

using Microsoft.AspNetCore.Builder;
using Microsoft.AspNetCore.Hosting;
using Microsoft.EntityFrameworkCore;
using Microsoft.Extensions.Configuration;
using Microsoft.Extensions.DependencyInjection;
using Microsoft.Extensions.Hosting;
using MyFirstBlazorApp.Data;

namespace MyFirstBlazorApp
{
    public class Startup
    {
        public Startup(IConfiguration configuration)
        {
            Configuration = configuration;
        }

        public IConfiguration Configuration { get; }

        public void ConfigureServices(IServiceCollection services)
        {
            services.AddDbContext<HogehogeDbContext>(options =>
                options.UseSqlServer(
                    Configuration.GetConnectionString("HogehogeConnection"),
                    providerOptions => providerOptions.CommandTimeout(120)));
            services.AddRazorPages();
            services.AddServerSideBlazor();
            services.AddScoped<HogehogeDataService>();
        }

        // ~後略~
    }
}

DbContextAddDbContext で登録する際に options (DbContextOptionsBuilder) の UseSqlServer を呼び出して設定ファイルの接続文字列を読み込ませることで、この接続情報を使ったインスタンスが生成されるようになります。

AddDbContext の第2引数を省略すると有効期限 (Lifetime) は Scoped で登録されます。有効期限の詳細は サービスの有効期限 – ASP.NET Core での依存関係の挿入 を参照してください。

データサービス HogehogeDataServiceAddScoped メソッドでサービスとして登録しておきます。

以上で HogehogeDataService を利用する準備が整いました。

ビュー側で利用する

テンプレートから作成した状態では Pages/FetchData.razor では WeatherForecastService が使用されているので、 HogehogeDataService を利用するように変更します。

@page "/fetchdata"

@using MyFirstBlazorApp.Data
@inject HogehogeDataService HogehogeData

<h1>Hogehoge Users</h1>

<p>This component demonstrates fetching data from a service.</p>

@if (users == null)
{
    <p><em>Loading...</em></p>
}
else
{
    <table class="table">
        <thead>
            <tr>
                <th>id</th>
                <th>name</th>
            </tr>
        </thead>
        <tbody>
            @foreach (var user in users)
            {
                <tr>
                    <td>@user.Id</td>
                    <td>@user.Name</td>
                </tr>
            }
        </tbody>
    </table>
}

@code {
    Users[] users;

    protected override async Task OnInitializedAsync()
    {
        users = await HogehogeData.GetUsersAsync();
    }
}

この状態で F5 (実行) すれば Fetch data ページでユーザーの一覧が表示されるはずです。

次の記事

次回はパスワードなどの秘密情報をリポジトリ外に保存する Secret Manager を使ってみます。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください