[ASP.NET Core 3.0] 開発環境 (Kestrel) で localhost 以外からのアクセスを許可する

Web アプリを開発していると、自機だけでなく、たとえばスマホから開発環境で起動している Web サーバーへ接続したくなることがあります。

今回は ASP.NET Core の Kestrel (組み込みの Web サーバー) で自分のマシン (localhost) 以外からサイトにアクセスする方法を紹介します。

前提条件

  • .NET Core 3.0
  • 開発環境のみ (Development モード) のみで適用したい
  • ファイアウォールで対象ポートは解放済み (今回は TCP 5000-5001)

方法

開発環境の設定ファイルに urls を指定

結論から言えば、 appsettings.Development.json に下記のように urls を指定するだけです。

{
  "urls": "http://*:5000;https://*:5001",
  ~略~
}

この状態で dotnet run すれば下記のように http は 5000 ポート, https は 5001 ポートでホストされます。ホスト名の部分が [::] となっており、ホスト名に関わらず待ち受けるようになります。

info: Microsoft.Hosting.Lifetime[0]
      Now listening on: http://[::]:5000
info: Microsoft.Hosting.Lifetime[0]
      Now listening on: https://[::]:5001

仕組み

なぜこれだけで実現できるのでしょうか。簡単に仕組みを説明します。

まず、リファレンスによれば、エンドポイントを指定する方法は 4 つあります。

Configure endpoints with the following approaches:
* UseUrls
* --urls command-line argument
* urls host configuration key
* ASPNETCORE_URLS environment variable

ASP.NET Core への Kestrel Web サーバーの実装 | Microsoft Docs

今回はこの 3 番目にある 「urls ホスト構成 (urls host configuration key)」を使っています。

.NET Core 3.0 の環境ではデフォルトの Program.csCreateHostBuilderIHostBuilder .ConfigureWebHostDefaults が呼ばれており、環境ごとの設定ファイルが自動的にロードされます。

つまり appsettings.Development.json (appsettings.json を含む) に urls を指定すれば、ホスト構成として urls が読み込まれ、 Kestrel の起動時に設定として渡されるということです。

その他の方法

リファレンスにもあるとおり、上記 1 番目の UseUrls を使う方法はもっともポピュラーであり、いろいろなサイトで紹介されています。指定としても直接的なのでわかりやすいです。

この場合、下記のような書き方になります。

public static IHostBuilder CreateHostBuilder(string[] args) =>
    Host.CreateDefaultBuilder(args)
        .ConfigureWebHostDefaults(webBuilder =>
        {
            webBuilder.UseStartup<Startup>();
            webBuilder.UseUrls("http://*:5000;https://*:5001");
        });

ただ、このままだと開発環境以外にも適用されてしまいますし、変更するたびにコミットしなければなりません。

環境ごとの切り替え、ソースコードに記述しなくてよいことを踏まえると今のところ appsettings.Development.json への urls 指定が一番よいのではないかと思っています。

参考

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください