Windows Server バックアップで共有フォルダー上のバックアップデータからベアメタル回復を行うときに「システムに接続されたデバイスが機能していません 。(0x8007001F)」となる

こんにちは、じんないです。

Windows Server 2019 で Windows Server バックアップを構成しています。

バックアップの構成にベアメタル回復を含むことで HDD などが故障した際も、OS を復元することができます

先日、共有フォルダー上に保存しているバックアップデータからベアメタル回復(リストア)を行おうとしたところ、下記のエラーとなりバックアップデータが参照できませんでした。

内部エラーが発生しました。エラーの解決に次の情報が役立つ可能性があります。:
システムに接続されたデバイスが機能していません。 (0x8007001F)

※ モアレがひどくて恐縮です。

これは、バックアップデータを保存している共有フォルダーを参照したときに表示されたエラーメッセージです。

Windows Server 2019 の既知の問題

この現象は Windows 10 および Windows Server 2019 における既知の問題のようです。

Windows10における共有フォルダを使用したイメージ復元の問題について | Microsoft Docs

これらを回避するには、下記の手順でコマンドから共有フォルダーをマウントする必要があります。

コマンドから共有フォルダーをマウントするリストア手順

共有フォルダー上のバックアップデータを参照する場合は、事前にコマンドから共有フォルダーをマウントします。

リストア中に以下の画面が表示されたら、<shift>キー + <F10>キー を押下してコマンドプロンプトを起動します。

以下のコマンドで、接続されているネットワークインターフェースの Idx 番号を確認します。

netsh interface ipv4 show interface

Idx 番号を確認後、接続されているインターフェースに IP アドレスを割り当てます。

netsh interface ipv4 set address [Idx番号] static [IPアドレス] [サブネットッマスク] [デフォルトゲートウェイ]

IP アドレスが正常に割り当てられたことを確認します。念のためデフォルトゲートウェイなどに Ping を送信し、ネットワークの疎通があることを確認しておくとよいでしょう。

ipconfig /all

ping [デフォルトゲートウェイ]

ネットワークの疎通が問題ないことを確認したら、バックアップが格納されている共有フォルダーへ接続します。

net use \\ファイルサーバーのIPアドレス\共有フォルダー名

もういちど net use コマンドを実行し、共有フォルダーがマウントされていることを確認します。

リストアするバックアップデータのバージョン情報を確認します。

wbadmin get versions -backupTarget:\\ファイルサーバーのIPアドレス\共有フォルダー名 -machine:[サーバー名]

バージョン識別子を指定し、リストアを実行します。[続行しますか?] には y 入力し応答します。

wbadmin start sysrecovery -version:[バージョン識別子] -backuptarget:\\ファイルサーバーのIPアドレス\共有フォルダー名 -machine:[サーバー名] -restoreAllVolumes

リストアが正常に完了したことを確認したら、exit を入力し、コマンド プロンプトを閉じます。

以上で、ベアメタル回復は完了です。

Windows Server 2019 および Windows 10 で同じ現象が発生している場合は、お試しください。

ではまた。

SNSでもご購読できます。