Vagrant で手っ取り早く CentOS 7 + GNOME 環境を立ち上げる

CentOS 7.3 で GNOME デスクトップ環境を 2 ステップで立ち上げましょう。

VirtualBox (5.1.22) と Vagrant (1.9.5) はインストール済みとします。

Vagrantfile 配置

適当なフォルダに Vagrantfile を作って下記の内容にしましょう。

# -*- mode: ruby -*-
# vi: set ft=ruby :

Vagrant.configure("2") do |config|
  config.vm.box = "bento/centos-7.3"
  config.vm.provider "virtualbox" do |vb|
    vb.gui = true
    vb.memory = "1024"
  end
  config.vm.provision "shell", inline: <<-SHELL
    sudo yum -y groupinstall "GNOME Desktop"
    sudo yum -y epel-release
    sudo systemctl set-default graphical.target
    systemctl get-default
    sudo shutdown -r now
  SHELL
end

起動

Vagrantfile を作成したフォルダでコンソールを立ち上げて vagrant up しましょう。

多少ダウンロードや起動に時間はかかりますが、勝手に終わります。

以上です。

一応の解説

というのもあまりにもあっけないので(笑)、Vagrantfile の説明だけ簡単にしておきます。

  • box は HashiCorp の Atlas で提供されている bento/centos-7.3 を使っています。
  • vb.gui = true で VirtualBox で GUI が使えるようにしています。このフラグを設定しておかないと vagrant はヘッドレスモードで VM を起動しますので、 VitualBox の GUI で操作ができません。
  • config.vm.provision "shell", inline: <<-SHELL からの行で CentOS 起動後に GNOME デスクトップ環境をインストールして有効にし、最後に再起動しています。

再起動されれば自動的に GNOME が立ち上がって初期設定画面が表示されるはずです。

おまけ

CentOS 7 系への VLC プレーヤーのインストール方法です。

sudo yum -y epel-release
sudo rpm -Uvh http://li.nux.ro/download/nux/dextop/el7/x86_64/nux-dextop-release-0-1.el7.nux.noarch.rpm
sudo yum -y update
sudo yum -y install vlc

なぜか VLC Player の公式ページには CentOS へのインストール方法だけありませんでした。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*