ユーザーフレンドリーな業務アプリを作ろうと思うとクリップボードとのやり取りは意外と重要だったりします。

Web アプリではセキュリティの観点からブラウザ経由でクリップボードにアクセスするのがあまり許可されていない時代もあり、小さな Flash を使った実装なんかもありましたが、現代のほとんどのブラウザーでは共通インターフェースでアクセスできます。

今回はJavaScript で文字列をクリップボードにコピーする方法をご紹介します。

概要

ということで現代のブラウザーでは下記の Clipboard API (Navigator.clipboard) を用います。

この API のメソッドは現代風に Promise を返すので async/await での実装が可能です。

Clipboard API の対応状況は下記のとおりです。

Clipboard API のブラウザー対応状況

はい、当然のごとく、 IE は鬼門ですね。

IE が無視できる場合

シンプルに navigator.clipboard.writeText を直接叩けば OK です。

前述の通り clipboard.writeText メソッドは Promise を返すので async/await が使える環境であれば、下記のように try-catch で書けます。

async function copyToClipboard(text) {
  try {
    await navigator.clipboard.writeText(text)
    alert('コピーしました')
  } catch (error) {
    alert((error && error.message) || 'コピーに失敗しました')
  }
}

実にシンプルでいいですね。

async/await が使えない場合は then-catch でいきましょう。

function copyToClipboard(text) {
  return navigator.clipboard.writeText(text).then(function() {
    alert('コピーしました')
  }).catch(function(error) {
    alert((error && error.message) || 'コピーに失敗しました')
  })
}

バイナリデータをコピーしたい場合は下記のページが参考になります。

IE が無視できない場合

無視したい気分は山々ですが、 IE を無視できないという場合は IE のみ window.clipboardData を利用することにしてラッパーを作ることにします。

function copyToClipboard(text) {
  if (window.clipboardData) {
    window.clipboardData.setData('Text', text)
    return true
  } else if (navigator.clipboard) {
    return navigator.clipboard.writeText(text)
  } else {
    return false
  }
}

参考

おすすめの記事