[SQL Server] 連番データを格納したテーブルを作成してデータを一括生成する

今回は SQL Server連番データを格納したテーブルを作成する Tips を紹介します。

やりたいこと

SQL でデータを扱っていると連番データがほしいことがあります。

たとえば大量のデータを生成するときなど、ループで回して INSERT だとちょっとダサいので SELECT INTO や MERGE INTO でまとめて生成してしまいたいところですが、そのためには挿入するレコード分の行を生成する必要があります。

こういったとき下記のような連番データが格納されただけのテーブルがあれば、結合するだけで、いとも簡単に大量のデータを生成することができます。

N
0
1
2

連番データ生成 SQL

早速ですが SQL Server で前述のような連番データのテーブルを作成する SQL は下記のようになります。

あとあとの使い勝手がよくなるように一時テーブル #SEQS に格納しています。

-- 連番テーブル生成
IF OBJECT_ID('tempdb..#SEQS', 'U') IS NOT NULL DROP TABLE #SEQS;
WITH TMP_NUMBERS (N) AS (SELECT 0 UNION ALL SELECT 1 + N FROM TMP_NUMBERS WHERE N < 10000)
SELECT N INTO #SEQS FROM TMP_NUMBERS OPTION (MAXRECURSION 0)

SELECT 0 部分で開始番号, WHERE N < 10000 の部分で最後の番号を指定します。この例では 0~10000 が生成されます。

標準では再帰が 100 回に制限されているので OPTION (MAXRECURSION 0) で無制限にしています。

※ 1 行目はセッション中で何度か実行されるときに一時テーブルがすでに存在するとエラーになるため、存在すれば削除しています。 (ちなみに一時テーブルの存在は OBJECT_ID('tempdb..#SEQS', 'U') で確認できます。)

あるいは一時テーブルでなく、テーブル変数に入れてもいいでしょう。その場合は下記のようになります。

-- 連番テーブル生成 (テーブル変数版)
DECLARE @SEQS TABLE (N INT);
WITH TMP_NUMBERS (N) AS (SELECT 0 UNION ALL SELECT 1 + N FROM TMP_NUMBERS WHERE N < 10000)
INSERT @SEQS SELECT N FROM TMP_NUMBERS OPTION (MAXRECURSION 0)

この場合は @SEQS を連番テーブルとして使用できます。

利用例

作った一時テーブル #SEQS を使えば、例えば下記のようなことができます。

-- 今日から 50 日分の日付データを生成
SELECT FORMAT(DATEADD(day, B.N, GETDATE()), 'yyyyMMdd') AS YMD
FROM #SEQS AS B
WHERE B.N < 50
YMD
20190109
20190110
20190111

他のテーブルと JOIN していけば、さらにいろいろなことができますね。

あとがき

SQL Server で連番データを生成するには他にもいくつか方法があるのですが、 sys.all_objects のようなシステムテーブルを流用する方法だと、環境によってレコード数が異なるため、使い回すにはちょっと不安です。

ということで今回は安定的に指定個数の連番が得られる再帰 CTE を使った方法にしました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください