Vuex で Action, Mutation に第3引数を渡したくなったら

こんにちは。ふっくんです。

Vuexを使用していて ActionMutation に第三引数を渡したいときありますよね?

私は少しハマったのですが、結論から言うとActionMutation に第三引数は渡せません!

ドキュメントにもちゃんと書いてますね。

API リファレンス · Vuex
ストアにミューテーションを登録します。ハンドラ関数は第一引数に state を常に受け取り(モジュール内で定義されていれば、モジュールのローカルステートを受け取り)、指定されていれば第二引数に payload を受け取ります。

action , mutation ともに 指定されていれば第二引数を受け取る とあり、第三引数のことは書いていませんね。

そう、ActionMutation に第三引数という概念がありません!

Action, Mutation に引数として複数の値を渡す

上記のことを踏まえて、コンポーネントからactionを実行するソースコードを書いてみます。

エラーとなる渡し方

component

const id = 1
const name = 'userA'
this.$store.dispatch('testAction', id, name)

action

testAction({ commit }, id, name) {
  const userData = 'userId:' + id ', userName:' + name
  commit('testMutation', userData)
}

正しい渡し方

component

const id = 1
const name = 'userA'
this.$store.dispatch('testAction', { userId: id, userName: name })

action

testAction({ commit }, userId, userName) {
  const userData = 'userId:' + userId ', userName:' + userName
  commit('testMutation', userData)
}

引数に複数の値を渡したい場合は { userId: id, userName: name } のように、オブジェクトとして渡すとオッケーです!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*