Windows 10 でウィンドウを振ると他のウィンドウが最小化される”アレ”を止める (Aero Shake)

Windows 10 を使っていて、ストレスを感じることナンバー15、 Aero Shake (エアロシェイク) の無効化方法です。

概要

私は昔からやたらとウィンドウを開きまくるので、そのぶんウィンドウ操作も頻繁です。

邪魔にならない位置にウィンドウを移動しようと思ってドラッグしたまま少し位置を迷う (=”振る”) と、デスクトップ上の他のウィンドウがすべて最小化されてしまう。

この機能が Windows 7 から追加された Aero Shake (エアロシェイク) です。

運良ければ (?) もう一度”振る”と全部戻るのですが、戻らないこともあって、その時はすべてタスクバーから一つずつ復元しなくてはなりません。

余計なお世話すぎる。機能があるのはいいとして、なぜデフォルトで ON なのか…。

しかし、参考記事を見る限り好意的な方もいらっしゃるようなので、使い方次第、ですね。

環境

  • Windows 10 Pro (1909)

無効化方法

ファイル名を指定して実行 ([Windows] + [R]) を開き、 gpedit.msc と入力して [OK] でローカルグループポリシーエディターを開く

Windows 10 で Aero Shake を無効化する

[ユーザーの構成] → [管理用テンプレート] → [デスクトップ] → [Aero Shake のウィンドウ最小化のマウス ジェスチャをオフにする] をダブルクリックして開き、 [有効] にして [OK] を押すだけです。

Windows 10 で Aero Shake を無効化する

特に再起動は不要で即座に無効になります。

参考サイト

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください