[EFCore] Entity Framework Core で SQL のログを出力する

Entity Framework Core (EF Core) で SQL をログとして出力させるには Entity Framework の context.Database.Log のように簡単にはいきません。

ILoggerProvider を継承したクラスをもつ ILoggerFactoryDbContext に設定してやる必要があります。

詳細は EF Core のログ記録 | Microsoft Docs に記載されていますので併せて参照してください。

LoggerFactory をコンテキスト内に静的に用意

基本的には LoggerFactory を読み取り専用の静的変数で保持し、 ILoggerProvider の配列を設定します。

コンソールに出力するとき

コンソールに出力するときは Microsoft.Extensions.Logging.Console.ConsoleLoggerProvider を使用します。

public static readonly LoggerFactory LoggerFactory = new LoggerFactory(new[] {
    new ConsoleLoggerProvider((category, level)
        => category == DbLoggerCategory.Database.Command.Name && level == LogLevel.Information, true)
});

このとき ConsoleLoggerProvider のコンストラクターに、カテゴリーとログレベルを使用したフィルターを渡すことができます。

Debug.WriteLine で出力したいとき

デバッグ出力するときは Microsoft.Extensions.Logging.Debug.DebugLoggerProvider を使用します。

public static readonly LoggerFactory LoggerFactory = new LoggerFactory(new[] {
    new DebugLoggerProvider((category, level)
        => category == DbLoggerCategory.Database.Command.Name && level == LogLevel.Information)
});

その他

EF Core のログ記録 (その他のアプリケーション) にあるようにその他にもデフォルトで下記のような ILoggerProvider を継承したクラスが定義されています。

コンテキストの初期化時に LoggerFactory を渡す

読み取り専用の静的変数で定義した LoggerFactoryDbContext.OnConfiguring での初期化時に DbContextOptionsBuilder.UseLoggerFactory メソッドで指定します。

protected override void OnConfiguring(DbContextOptionsBuilder optionsBuilder)
{
    optionsBuilder.UseLoggerFactory(LoggerFactory);
}

全体像

public class MyDbContext : DbContext
{
    public DbSet<HogeHoge> HogeHoges { get; set; }

    public MyDbContext()
    {
    }

    public static readonly LoggerFactory LoggerFactory = new LoggerFactory(new[] {
        new ConsoleLoggerProvider((category, level)
            => category == DbLoggerCategory.Database.Command.Name && level == LogLevel.Information, true)
    });

    protected override void OnConfiguring(DbContextOptionsBuilder optionsBuilder)
    {
        optionsBuilder.UseLoggerFactory(LoggerFactory);
    }
}

ログの例

ログは下記のように出力されます。生の SQL だけが出力されるわけではないので、注意が必要です。

info: Microsoft.EntityFrameworkCore.Database.Command[20101]
      Executed DbCommand (1ms) [Parameters=[], CommandType='Text', CommandTimeout='30']
      SELECT COUNT(*) FROM "sqlite_master" WHERE "name" = '__EFMigrationsHistory' AND "type" = 'table';
info: Microsoft.EntityFrameworkCore.Database.Command[20101]
      Executed DbCommand (10ms) [Parameters=[], CommandType='Text', CommandTimeout='30']
      SELECT "x"."HogehogeId", "x"."Name"
      FROM "Hogehoges" AS "x"
      WHERE "x"."HogehogeId" IN (
          SELECT "t".*
          FROM (
              SELECT DISTINCT "x0"."HogehogeId"
              FROM "Hogehoges" AS "x0"
              WHERE "x0"."Name" IN ('hoge')
              LIMIT 50
          ) AS "t"
          LIMIT -1 OFFSET 0
      )
      ORDER BY "x"."HogehogeId"

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください