SQL Server構成マネージャーを起動すると「WMIプロバイダーに接続できません」となる件

こんにちは。

評価環境でSQL Server構成マネージャーを開くことが多いのですが、ある日突然、構成マネージャーを開こうとすると、

WMIプロバイダーに接続できません。権限がないかサーバーにアクセスできません。SQL Server 2005以降のサーバーは、SQL Server構成マネージャーでのみ管理できます。無効なクラスです [0x80041010]

となり開けなくなり、困っていました。

システムは環境は、以下のとおりです。

OS  : Windows Server 2012 R2
SQL : SQL Server 2012 (64ビット)
管理コンソール  : バージョン6.3(ビルド9600)

対処は簡単

以下の流れであっさり解決しました。

  1. C:\Program Files (x86)\Microsoft SQL Server\110\Shared\sqlmgmproviderxpsp2up.mof が存在することを確認する。

  2. コマンドプロンプトを開き、以下のコマンドを実行する。
    mofcomp "C:\Program Files (x86)\Microsoft SQL Server\110\Shared\sqlmgmproviderxpsp2up.mof"

  3. これで開くようになりました!

あとがき

前項で実行したmofcompは、MOFファイル(Managed Object Format) (MOF) をコンパイルするコマンドのようです。
公式にコマンドの説明ページがありました。

弊社の環境で、このような現象が発生した原因は定かではないのですが、公式ページには、以下のように書かれていました。

何かアンインストールしたかな・・・。

この問題は、SQL Server 2008 のインスタンスをアンインストールする際に WMI プロバイダが削除されることが原因で発生します。SQL Server 2008 の 32 ビット インスタンスおよび 64 ビット インスタンスは、同じ WMI 構成ファイルを共有します。 このファイルは、%programfiles(x86)% フォルダにあります。

複数のページを見ると、バージョンなどによってmofファイルのパスが異なるようなことも見受けましたのでバージョンにより変わる可能性がありますので要注意です。

それでは次回の記事でお会いしましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*