PowerShell でアセンブリのバージョン番号を v1.0.0 の形式で取得する

タイトルの通り PowerShell で exe や dll のバージョン番号を v1.0.0 のような形式で取得する方法を紹介します。

バージョン番号を使って Git のタグづけをしたり、 Compress-Archive で Zip に固めたりするのに便利です。

スニペット

結論のスニペットからどうぞ。

$vi = (Get-ItemProperty $exePath).VersionInfo
$fileVersion = "v" + ($vi.FileMajorPart) + "." + ($vi.FileMinorPart) + "." + ($vi.FileBuildPart)
Write-Output $fileVersion

以上です。

説明

あまり説明することもないですが、さすがに手抜きすぎるので、簡単に解説します。

バージョン番号は メジャーパート.マイナーパート.ビルドパート.プライベートパート となっています。

まず (Get-ItemProperty $exePath).VersionInfoFileVersionInfo クラスのインスタンスが得られます。

このインスタンスの各プロパティがバージョン番号の各パートに相当します。

パート プロパティ
メジャー FileMajorPart
マイナー FileMinorPart
ビルド FileBuildPart
プライベート FilePrivatePart

あとはこれを文字列結合すれば好きな形式でバージョン文字列が得られるというわけですね。

ちなみに実行ファイルのバージョンには「製品バージョン」と「ファイルバージョン」があり、上記は「ファイルバージョン」の取得用です。「製品バージョン」の場合は Product~ を使用します。

パート プロパティ
メジャー ProductMajorPart
マイナー ProductMinorPart
ビルド ProductBuildPart
プライベート ProductPrivatePart

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください