Redmine のログイン認証を ActiveDirectory 認証に変更する方法

こんにちは。

今回は、Redmine と ActiveDirectory を連携し、ActiveDirectory のユーザーでログイン & ユーザー自動作成を実現 したいと思います。

前提

  • ActiveDirectory を運用していること
  • Redmine を運用していること

環境

  • ActiveDirectory
    • Windows Server 2016
  • Redmine
    • CentOS 8
    • Redmine 4.1.1.stable

手順

  1. 管理者でログインし、 管理 → LDAP認証 → 新しい認証方式 をクリックします

  2. 以下を参考に設定を入力し、保存ボタンをクリックします

    ドメイン名が、example.com として記載

    1. 任意名
    2. ActiveDirectoryのIPアドレス or DNS名
    3. LDAP
    4. 389
    5. administrator@example.com
    6. 5 のパスワード
    7. DC=example,DC=com
    8. チェックを入れる (ユーザーが存在しないとき自動作成してくれる)
    9. sAMAccountName
    10. givenName
    11. sn
    12. mail
  3. テストボタンをクリックし、接続できることを確認します

以上で設定完了です。

テスト

ユーザーは admin のみ存在することを確認します。

ログアウトし、ActiveDirectoryに登録されているユーザーでログインします。

ログインできました!

ユーザーが自動生成され、 名前・メールアドレスもActiveDirectoryで設定している値が自動で設定されています。

簡単に ActiveDirectory と連携することができました。

試しに、ActiveDirectory のアカウントを無効にしてみると、

ログイン出来なくなりました。

ユーザー認証を ActiveDirectory に統合できるのでお勧めです。

それでは次回の記事でお会いしましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください