[Linux] KVM管理コンソールにリモートから接続する方法

こんにちは。

今回は、 KVM の管理コンソールにリモートで接続する 方法を紹介します。

KVMの概要は以下を参考に。
Kernel-based Virtual Machine – Wikipedia

それでは早速やってみましょう。

使うもの

  1. Teraterm
    Tera Term (テラターム) プロジェクト日本語トップページ – OSDN
  2. Xming
    Xming X Server for Windows 日本語情報トップページ – OSDN

概要図

概要図は以下のとおりです。

ログインするユーザーがsudoを実行できる ことが前提となります。
※rootの直ログインは想定外です。

ログインユーザー名は masuda とします。

手順

  1. Teratermを起動 し、リモートの(X)アプリケーションをローカルのXサーバに表示する にチェックを入れます


  2. KVMサーバーにSSH接続 します
  3. Xmingを起動 します(タスクトレイにひっそりと常駐します)
  4. sudo cp /home/masuda/.Xauthority /root/ を実行します
  5. sudo virt-manager を実行します
  6. これでWARNINGが出るものの KVM管理コンソールが表示 されます
$(virt-manager:27148): dbind-WARNING **: 22:03:36.734: Couldn't connect to accessibility bus: Failed to connect to socket /tmp/dbus-7GWd4x8Rhi: 接続を拒否されました

この手順は 切断の都度実施する必要 があります。

あとがき

手順4 で、sudo cp /home/masuda/.Xauthority /root/ を実行するように記載しましたが、実はこれがないと、以下のようなエラーが出て KVM管理コンソールが表示されません



というエラーウィンドウが出て、

(virt-manager:6746): Gtk-WARNING **: 21:59:23.354: cannot open display: localhost:10.0

上記のエラーがターミナルに表示され、期待動作になりません。

それでは次回の記事でお会いしましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください