筆休め
[テプラ] キングジムのテプラ PRO 使って流し込み印刷する方法

こんにちは。

今回は、キングジムのテプラPRO SR3900Pを使って流し込みデータ機能 を利用し、複数のデータを一気に印刷する 方法を紹介します。
たまに作業するのですが、毎回やりかたを忘れて調べるのでメモを兼ねて。

使う機器は 現在製造中止 になってしまった SR3900P です。
「テプラ」PRO SR3900P | 「テプラ」製造中止商品 | ファイルとテプラのキングジム

年季入ってます。

ソフトウェアは、 SPC10 Ver1.90 を利用します。(執筆時点で最新)

SPC10
SPC10 Ver1.90のダウンロード | ダウンロード | ファイルとテプラのキングジム

それでは早速やってみましょう。

目次

手順

  1. Excelを開き、画像のようなデータを作成します

  2. SPC10を開き、 テープ幅を読み取って(①) 新規作成を選択(②) して OK をクリックします

  3. ファイル から 流し込みデータ→新規作成 と進みます

    以下のような画面になります。

  4. ExcelのデータをCtrl+Cでコピー します

  5. SRC10 の右半分に出てきた データ作成ウィンドウのA1セルを選択 して、 Ctrl+Vで貼り付け ます

  6. メニューから 流し込み印刷 をクリックします

  7. A列を選択(①) して、 OK(②) をクリックします

  8. 左側の レイアウトウィンドウに位置を合わせてクリック します


  9. レイアウトをダブルクリック すると フォントサイズなどが調整 できます

  10. 印刷ボタン から 印刷を実行 します


無事印刷 できました。

流し込み印刷を使えば、事前にデータを作成することで作業時間を短縮できると思います。
応用しながら参考にしてもらえれば嬉しいです。

それでは次回の記事でお会いしましょう。

おすすめの記事