CentOS で fontconfig を Ansible で設定して日本語フォントを Noto Fonts にする

Node.js から phantomjs を使って PDF を出力することになり、サーバー側に fontconfig の設定と Noto fonts のインストールが必要になったので、 Ansible を作成しました。

前提条件

やること

当たり前ですが、まともな日本語の PDF を生成するには、 HTML/CSS で指定したフォントがまともな日本語フォントで描画される必要があります。

日本語 GUI の入っていない状態では、正しく設定しておかないとデフォルトの DejaVu フォント しか入っていないので日本語は豆腐状態になってしまいます。

CSS でのフォント指定は環境によってフォント名の差がでやすく、マッチしないとよくわからないフォントが使われてしまう可能性があるため、今回は serifsans-serif など汎用的なフォント指定にします。

今回の事例では日本語の文書を吐き出すため、書体はセリフ体 (明朝体) を用います。このため CSS の指定は下記のようにします。

font-family: serif;

よって上記のように serif と指定されたときに Noto Serif JP が使用されればよいということになります。

node の PDF 変換用パッケージは phantom-html-to-pdf を利用しています。今回は PDF 変換については触れません。

設定の概要

おおまかな設定内容は下記のとおりです。

  • fontconfig-devel, unzip パッケージを yum で追加
  • /usr/share/fonts/noto/NotoSansJP-<weight>.otf, NotoSerifJP-<weight>.otf を配置
  • デフォルトの serif, sans-serif フォントをそれぞれ Noto Serif JP, Noto Sans JP に設定
    • 設定は /etc/fonts/local.conf に記載します。

このほか、フォントファイルが zip で圧縮されているため、 Ansible の unarchive module で直接展開できるよう yum で unzip コマンドもインストールします。

ソースコード

ファイル構成

下記の構成とします。今回の fontconfig インストール用のロール名は fontconfig-noto としました。

/
  inventory.yml # インベントリー
  site.yml
  roles/
    fontconfig-noto/ # ロール
      defaults/ # デフォルトの変数
        main.yml
      files/ # 設定ファイルコピー元
        local.conf
      tasks/ # タスク定義
        main.yml

タスクファイル

まず一番肝となるロールのタスク定義ファイル roles/fontconfig-noto/tasks/main.yml の内容です。

- name: fontconfig インストール
  yum:
    name:
      - fontconfig-devel
      - unzip
    state: present

- name: フォント確認
  shell: "fc-match {{ item.pattern }}"
  register: check_font
  changed_when: check_font.stdout.find(item.expected) == -1
  with_items:
    - "{{ font_check_matches }}"

- name: フォントディレクトリ作成
  file:
    path: "{{ font_dir }}"
    state: directory
    owner: root
    group: root
    mode: "0644"
  register: create_font_directory
  when: check_font.changed

- name: フォントファイル展開
  unarchive:
    remote_src: true
    src: "{{ item.url }}"
    dest: "{{ font_dir }}"
  with_items:
    - "{{ font_files }}"
  when: check_font.changed

- name: フォント設定ファイル展開
  copy:
    src: "{{ item.src }}"
    dest: "{{ item.dest }}"
    force: false
  with_items:
    - "{{ font_conf_files }}"
  when: check_font.changed

- name: フォントキャッシュ更新
  shell: fc-cache -vf
  changed_when: false

- name: フォント確認
  shell: "fc-match {{ item.pattern }}"
  changed_when: false
  failed_when: check_font.stdout.find(item.expected) == -1
  with_items:
    - "{{ font_check_matches }}"

タスクで使われる変数は roles/fontconfig-noto/defaults/main.yml で定義します。

---
font_dir: /usr/share/fonts/noto
font_files:
  - filename: NotoSerifJP.zip
    url: https://noto-website-2.storage.googleapis.com/pkgs/NotoSerifJP.zip
  - filename: NotoSansJP.zip
    url: https://noto-website-2.storage.googleapis.com/pkgs/NotoSansJP.zip
font_conf_files:
  - src: ./files/local.conf
    dest: /etc/fonts/local.conf
font_check_matches:
  - pattern: serif
    expected: Noto Serif JP
  - pattern: sans-serif
    expected: Noto Sans JP

設定ファイル

roles/fontconfig-noto/files/local.conf の中身です。

サーバーの /etc/fonts/local.conf にこのような XML 設定ファイルを配置することで、優先して使われるフォントを指定することができます。

<?xml version="1.0"?>
<!DOCTYPE fontconfig SYSTEM "fonts.dtd">
<fontconfig>
    <alias>
        <family>serif</family>
        <prefer>
            <family>Noto Serif JP</family>
        </prefer>
    </alias>
    <alias>
        <family>sans-serif</family>
        <prefer>
            <family>Noto Sans JP</family>
        </prefer>
    </alias>
</fontconfig>

インベントリー

インベントリーは簡単にホストを設定しているだけです。環境に応じて作成ください。

---
all:
  hosts:
    my_server:
      ansible_host: 192.168.10.111

site.yml

こちらも all グループのロールとして今回作成した fontconfig-noto ロールを設定しているだけですので、環境に応じて作成ください。

- hosts: all
  become: yes
  roles:
    - fontconfig-noto

解説

ロールのタスク定義が肝ですので、主にこの一部を説明します。

インストール済みかのチェック

まず、フォントはインストールされていれば何度もインストールする必要はないので、 fc-match <ファミリー名> で希望のフォントが表示されるようなら、以後の設定をしないようにします。

たとえば serif に対するフォントを確認するときは shell module で fc-match serif を実行し、その結果に Noto Serif JP が含まれていなければ、このチェックタスクを changed にします。

serif, Noto Serif JP といったところは配列変数の font_check_matches で指定します。

フォントファイル展開

フォントは Google のダウンロードサイトから直接 zip をダウンロードしてきて展開します。

URL は Noto CJK – Google Noto Fonts に載っているもので、これを配列変数 font_filesurl に指定します。

unarchive モジュールは remote_srctrue(yes) にして src に絶対パスを指定することで、 HTTP(S) サイトからダウンロードしたファイルを直接展開できます。

展開先は /usr/share/fonts/noto です。

/usr/share/fonts/ 以下であれば fc-cache -fv で自動的にフォントが読み込まれますが、ややこしくならないよう noto ディレクトリ下に展開しています。

フォントインストール

あとは前述のフォント設定ファイルを配置し、 fc-cache -fv を実行すれば完了です。

最初に行ったインストール済みかのチェックと同様の手法で fc-match <ファミリー名> の結果が Noto フォントになっているかを確認して、なっていない場合のみ failed となるようにしています。

あとがき

Ansible で fontconfig を設定する方法を紹介しました。

お役に立てれば幸いです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください