【2022年版】Windows と Linux の nvm で Node.js を使う

【2022年版】Windows と Linux の nvm で Node.js を使う

link です。

nvm を使って Node.js のバージョンを変更することがあったのでその手順を残しておきます。

nvm について

nvm は Node.js のバージョン管理ツールです。

Windows と Linux それぞれの手順を紹介します。

Windows の場合

Windows の場合は nvm-windows をインストールするだけで使えるようになります。

Linux の場合

Linux の場合は nvm の公式サイトに記載されているインストールスクリプトを実行することでインストールできます。

本記事執筆時のインストールスクリプトは以下の 2 通りです。

インストールスクリプト
curl -o- https://raw.githubusercontent.com/nvm-sh/nvm/v0.39.2/install.sh | bash

もしくは

インストールスクリプト
wget -qO- https://raw.githubusercontent.com/nvm-sh/nvm/v0.39.2/install.sh | bash

インストール後は、ターミナル( bash など)を再起動するか、 source ~/.bashrc を実行すると nvm コマンドを実行できるようになります。

nvm version で nvm がインストールされていることを確認しましょう。

nvm で Node.js をインストールしてみる

nvm install 16.18.0 のようにバージョンを指定してインストールできます。

利用可能なバージョンは nvm list available で確認できます。

nvm install でインストールされるのは通常 64bit 版ですが、 nvm install 16.18.0 32 で 32 bit 版を指定してのインストールもできます。

アンインストールする場合は nvm uninstall 16.18.0 でバージョンを指定してアンインストールできます。

使用するバージョンを変更する

nvm use 16.18.0 でインストール済みのバージョンを指定することでバージョンを変更できます。

node -v で Node.js のバージョンが変更されていることを確認しましょう。

参考サイト

まとめ

今回は Windows と Linux で nvm をインストールして Node.js を使う手順を紹介しました。

それではまた、別の記事でお会いしましょう。

linkohta