JavaScript filter関数を使用して条件に一致する要素で配列を生成する

こんにちは。ふっくんです。

前回は、 javascriptmap 関数をご紹介しました。
JavaScript map関数を使用して必要な要素のみで配列を生成する

今回は、 javascriptfilter 関数をご紹介します。
map 関数と filter 関数を使えば、javascriptで配列を扱う時にかなり楽になると思います。

filter関数の使い方

filter関数で何ができるかというと 配列の全ての要素の中から条件に一致する要素で、新たな配列を生成することができます!

例えば、以下のような連想配列があるとしましょう。

const array = [
  {'id': 1, 'category': 'animal', 'kind': 'dog'},
  {'id': 2, 'category': 'fruit', 'kind': 'apple'},
  {'id': 3, 'category': 'fruit', 'kind': 'orange'},
  {'id': 4, 'category': 'animal', 'kind': 'dog'},
  {'id': 5, 'category': 'animal', 'kind': 'cat'},
  {'id': 6, 'category': 'fruit', 'kind': 'grape'},
]

この配列の中から categoryfruit だけの要素で配列を生成したい時に filter 関数をします。

const array = [
  {'id': 1, 'category': 'animal', 'kind': 'dog'},
  {'id': 2, 'category': 'fruit', 'kind': 'apple'},
  {'id': 3, 'category': 'fruit', 'kind': 'orange'},
  {'id': 4, 'category': 'animal', 'kind': 'dog'},
  {'id': 5, 'category': 'animal', 'kind': 'cat'},
  {'id': 6, 'category': 'fruit', 'kind': 'grape'},
]

const fruits = array.filter(x => x.category === 'fruit')

console.log(fruits)

出力結果

[
 {id: 2, category: "fruit", kind: "apple"},
 {id: 3, category: "fruit", kind: "orange"},
 {id: 6, category: "fruit", kind: "grape"}
]

filter 関数も map 関数と同様、1行で書くことができます。

配列の全ての要素の中から必要な要素のみを取り出し、新たな配列を生成したいときは map 関数。

配列の全ての要素の中から条件に一致する要素で、新たな配列を生成したいときは filter 関数。

map 関数と filter 関数、ぜひ使いこなしてみてください!

過去の記事でC#での書き方も記載しておりますので、こちらもぜひご確認ください!
JavaScript 屋さんのための C# LINQ 入門 (1) filter / Where

補足情報

この記事のJavaScriptはES6で書いています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*