Laravel 5.3 Eloquent ORM 入門 2 (マイグレーション)

Laravel Eloquent の 2 回目です。

前回はモデル作成までしか書けなかったので、今回はマイグレーションについて紹介します。

マイグレーションファイル

ファイル名

マイグレーションファイルは database/migrations フォルダに配置します。

ファイル名の規則は yyyy_mm_dd_hhmmss_ほげほげ.php です。ほげほげの部分は実行する内容を表す文字列にします。

たとえば users テーブルを作るファイルであれば、 2014_10_12_000000_create_users_table.php のような感じです。このように時刻部分は 000000 でもかまいませんが、ファイル名の昇順でマイグレーションが実行されますので、フォルダ内での並びには注意してください。

下記のようにモデルを作るときに -m オプションを指定して一緒に作るか、 php artisan make:migration で作るのが簡単ですが、手動で作成しても構いません。

# モデルと一緒に作成
php artisan make:model User -m
# マイグレーションファイルだけ作成
php artisan make:migration create_users_table

マイグレーションファイルの基本構造

マイグレーションファイルの内容は下記の形式です。

<?php

use Illuminate\Support\Facades\Schema;
use Illuminate\Database\Schema\Blueprint;
use Illuminate\Database\Migrations\Migration;

class CreateUsersTable extends Migration
{
    public function up()
    {
    }

    public function down()
    {
    }
}

up でマイグレート、 down でロールバックできるように書いていきます。クラス名は他のファイルにあるクラス名と被らないように、ファイル名と同じものをアッパーキャメルケースでつければよいでしょう。

例1. テーブルを作成するマイグレーションファイル

もっともよく使うのがこのタイプでしょう。 up で指定した名前のテーブルを作り、列を生成します。 down でテーブルを DROP します。

up

テーブルを生成するには Schema::create メソッドを使用します。第 1 引数にはテーブル名を指定します。原則的にはモデル名をスネークケース (小文字にしてアンダーバーでつないだもの) に変えたものをテーブル名として使用します。

Schema::create('users', function (Blueprint $table) {
    $table->engine = 'InnoDB';
    $table->integer('id')->unsigned()->unique();
    $table->primary('id');
    $table->string('name');
    $table->boolean('is_female');
    $table->double('weight');
    $table->integer('department_id')->unsigned()->nullable();
    $table->timestamps();
});

データベースエンジンの指定

MySQL でデータベースエンジンを指定する場合は $table->engine = 'InnoDB'; のような形で指定します。

主キー制約の指定

主キーとなる列は符号なし整数かつ unique にしておけばいいので $table->integer('id')->unsigned()->unique() のように列を定義したあとで、 $table->primary('id') で主キーに設定します。

ちなみに符号なし整数にしておかないとマイグレーション時にエラーで怒られます。

自動インクリメント列である $table->increments('id'); で定義するほうが簡単ですが、この場合シーダーで id を指定してデータを挿入できないので、特にマスターデータを格納するテーブルに関しては、前述のような定義を使うようにしています。

列の型指定

integer 以外の型も string, boolean, double などわかりやすい名称で定義することができます。データベースごとの varchar や smallint などを考慮する必要がありません。

対応するデータベース型については下記のページなどを参照してください。

タイムスタンプ列

$table->timestamps() を指定するとテーブルに created_atupdated_at 列が生成され、モデルからデータを作成・更新した際に自動的にタイムスタンプが記録されます。

シーダーからデータを生成する場合は自動ではタイムスタンプが設定されないため、手動で created_at などに値を設定する必要があります。

外部キー列

別のテーブルと外部キーで接続するリレーションシップを作成する場合は $table->integer('department_id')->unsigned() のような形で外部キー列を定義します。

参照先のデータが必須でない場合はさらに nullable() を付加しておきます。

外部キー制約自体は Schema::create メソッドの後に下記のような感じで Schema::table (名前が少々ややこしい) メソッドを追加して定義します。

Schema::table('users', function ($table) {
    $table->foreign('department_id') // このテーブルの外部キー列
        ->references('id') // 参照先テーブルの ID 列
        ->on('departments') // 参照先テーブル
        ->onDelete('set null');
});

onDelete は参照先のデータが削除されたときにこのテーブルの行をどのように扱うかを指定します。

  • set null: NULL に設定 (ID を NULL に変更します)
  • no action: なにもしない (存在しない ID が残ります)
  • cascade: 一緒に消す (このテーブルのデータも一緒に消えます)
  • restrict: 禁止する (参照先のデータが消せなくなります)

設定するときは迷うのですが、概ね下記のような指針でよいと思います。

  • 参照先のデータがなくてもこのテーブルのデータが存在すべき場合は set null
  • 参照先のデータがなければこのテーブルのデータが意味をなさない場合は cascade
  • このテーブルのデータが存在する限り、参照先のデータも削除されるべきでない場合は restrict
  • 考えるのがめんどくさい場合は no action

down

これは SQL 文を書くのとほぼ同じですが、 down 内で Schema::dropIfExists メソッドを呼び出します。

Schema::dropIfExists('users');

例2. 外部キー制約を追加するマイグレーションファイル

さきほどと同様に、既存のテーブルに列を追加したり、外部キーを追加したりする場合は Schema::tableメソッドを利用します。

up で既にある列に外部キー制約を追加する場合は、 down では外部キー制約だけを DROP すればよいので dropForeign メソッドを使います。

public function up()
{
    Schema::table('users', function ($table) {
        $table->foreign('department_id')
            ->references('id')
            ->on('departments')
            ->onDelete('set null');
    });
}
public function down()
{
    Schema::table('users', function ($table) {
        $table->dropForeign(['department_id']);
    });
}

マイグレーション関連のコマンド

マイグレーションの実行

php artisan migrate

強制的に実行するには --force を付加します。

ロールバック

最後に実行したマイグレーションをロールバックするには migrate:rollback を利用します。

php artisan migrate:rollback

考えるのがめんどくさくて、すべてロールバックしたいときには migrate:reset を実行します。

php artisan migrate:reset

リフレッシュ (ロールバック + マイグレート)

resetmigrate を同時に行える便利コマンドです。開発中はよくお世話になります。

php artisan migrate:refresh

シーディングも同時に行う場合は --seed をつけて種付けします。

php artisan migrate:refresh --seed

あとがき

今回はマイグレーションの基本を紹介しました。

次回はシーダーを見ていきます。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*