Laravel 6.0 がリリースされました (Laravel 6 Is Now Released)

昨日 Laravel 6.0 の正式リリースがアナウンスされました。

Laravel 6 Is Now Released – Laravel News

変更点をざっと確認したので、感想を交えて紹介します。

Laravel 6.0 Is the New LTS

5 系は 5.1 と 5.5 が LTS (Long-Term Support) バージョンですが、 6 系は 6.0 が LTS バージョンになるようです。

Laravel 6.0 のサポート期限は バグフィクスが 2021/9/3 まで、セキュリティ修正が 2022/9/3 までだそうです。

Semantic Versioning (semver)

6.0 以降はセマンティックバージョニング (semver) を採用するそうです。バージョン番号のパーツに意味づけをして互換性などがわかるようにしましょうという取り組みです。

Node のパッケージなんかではバージョンを ~ とか ^ とかで指定するので、おなじみですね。

基本的には下記のような規則です。 Major.Minor.Patch というバージョン番号に対して、

  • Major: 後方互換性を保証しないバージョンアップ
  • Minor: 後方互換性を保証した機能追加などのバージョンアップ
  • Patch: 後方互換性を保証したバグの修正によるバージョンアップ

という意味づけを与えたものが semver ということです。

昔からある程度こういった意味付けは行われてきたと思いますが、それを体系化したものですね。これまでの Laravel は Minor バージョンアップでも後方互換性がないことが多かったので、助かりますね。

Improved Authorization Responses

Gate::inspect メソッドを使って、認可 (Authorization) 周りのエラーメッセージをエンドユーザーに提供できるようになりました。

$response = Gate::inspect('view', $flight);

if ($response->allowed()) {
    // User is authorized to view the flight...
}

if ($response->denied()) {
    echo $response->message();
}

認可失敗時の処理はいずれにしても独自に実装する必要がありそうなので、今のところ劇的に便利になる気はしません。

Job Middleware

こちらも今のところ Job Middleware によって何がハッピーになるのかよくわかっていません。

Lazy Collections

実際に要素がイテレーションされるタイミングまで評価を遅延する LazyCollection が導入されました。

Lazy Collections

.NET の LINQ に慣れている私としては、これまでの Collection だと、メソッドごとに処理が走るのが精神衛生上よくなかったので、個人的にはこれがすばらしいです。

新しい LazyCollection (Illuminate\Support\LazyCollection クラス) だと LINQ とまではいかないまでも実際に値が参照されるときまで評価が遅延されるようです。

しかもファイルやデータベースからデータを取る系のメソッドだと、必要な分しかメモリーに読み込まれませんので、今さら感もありますが、とりあえず大きな改善です。

LazyCollection を生成するには LazyCollection::make メソッドを使います。

たとえばファイルの中身を順次読み取る LazyCollection を生成するには下記のようにします。 PHP のジェネレーター構文である yield が使われており、.NET の IEnumerable<T> + yield return のような感覚で実装できそうですね。

use Illuminate\Support\LazyCollection;

LazyCollection::make(function () {
    $handle = fopen('log.txt', 'r');

    while (($line = fgets($handle)) !== false) {
        yield $line; // 実際にイテレーションされるまで行が読み込まれない
    }
});

データベース系では Eloquent のクエリービルダーに cursor メソッドが追加されています。このメソッドは LazyCollection のインスタンスを返します。

$users = App\User::cursor()->filter(function ($user) {
    return $user->id > 500;
});

foreach ($users as $user) { // ここでイテレーションされるまで `filter` の評価は遅延される
    echo $user->id;
}

LazyCollection について下記の注意が載っています。

Methods that mutate the collection (such as shift, pop, prepend etc.) are are not available on the LazyCollection class.

要するに shift, pop ような破壊的にコレクション自体を変更するようなメソッドは LazyCollection では使えませんよ、ということです。どちらかというとコレクションというよりは Enumerable なデータ構造なので当たり前なんですが、このあたり配列操作に慣れた方は注意が必要です。

Enumerable なクラスは Laravel というより独立したパッケージに追加してほしいぐらいです。

Eloquent Subquery Enhancements

こちらは名前の通り SQL の サブクエリ に相当するものを Eloquent で扱えるようにしたもののようです。

下記の記事にまとまっていて、ソースコードがわかりやすいです。

Eloquent Subquery Enhancements in Laravel 6.0 – Laravel News

これまではサブクエリ的なものをやろうとすると、かなり泥臭いソースになっていたので、これは期待できそうです。

Laravel UI

フロントエンドのスキャフォールディングが laravel/ui パッケージに独立したそうです。

あまりスキャフォールディングが必要でない場合も多いので、このほうがスッキリしていいのかもしれません。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください