JenkinsとSlackを連携する+GitHub連携準備

こんにちは。

今回はJenkinsとSlackを連携する方法を紹介します。

前提状況

  1. SlackにAPPsからJenkins CIがインストールされていること
  2. JenkinsにプラグインマネージャーからSlack Notification Pluginがインストールされていること

Slack側

  1. ブラウザからチームにログインし、左上のチーム名をクリックしメニューを出します。メニューからApps & integrations を選択します。

  2. Manage を選択します。

  3. Apps からJenkins CIを選択します。

  4. Add Configurationから連携するチャンネルを選択しAdd Jenkins CI integrationを選択します。次の画面ではスクロースした先のSave Setingsを選択します。


  5. 次の画面で表示された中から、Tokenをコピーします。

Slack側は以上で完了です。

Jenkins側

  1. 管理ユーザーでログインし、Jenkinsの管理を選択します。

  2. 続けてシステムの設定へ進みます。

  3. スクロールし最下行付近にGlobal Slack Notifier Settingsがあります。各項目を入力します。

    Team Subdomain=チーム名
    Integration Token=Slackの項でコピーしたTokenを貼り付けます
    Channel=投稿するチャンネルを # から指定します
    

    Channel部分に指定するチャンネルは、Token作成時に指定したチャンネル以外でも可能です。
    入力後、Test Connectionを押して連携を確認します。

    届いていることを確認します。

最後に保存します。
Jenkins側の基本設定は完了です。

Githubと連携する準備

Githubと連携するために、必要な作業を実施します。
作業はJenkinsが動作しているサーバー上で行います。

  1. 開発ツールのインストール。
    SSH接続し、rootユーザーでGitをインストールするために開発ツールを事前にインストールします。
    yum groupinstall "Development Tools"
    yum install curl-devel zlib-devel expat-devel perl-ExtUtils-MakeMaker

  2. Gitインストール
    以下の流れでGitをインストールします。最新をインストールするためにソースからインストールしています。

    wget "https://www.kernel.org/pub/software/scm/git/git-2.12.2.tar.gz"
    tar xvfz git-2.12.2.tar.gz
    cd git-2.12.2/
    ./configure --prefix=/usr/local
    make
    make install
    

    バージョンが2.12.2とでればOKです。

    git --version
    git version 2.12.2
    

以上でGitのインストールが完了です。

あとがき

Slackの連携は、Jenkinsのジョブを作成しビルド後の処理で設定することができます。
ビルド結果を指定したSlackのチャンネルに通知してくれる流れです。

それぞれ設定の参考になれば幸いです。
それでは、次回の記事でお会いしましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*