log4net の config ファイルを 埋め込みリソース から読み込む

C# のロギングといえば、今日日は NLog のほうが盛んかもしれませんが、私は未だ log4net を使用しています。

log4net の config ファイル (log4net.config とか Log4net.Config.xml とか) はアプリケーションと同じフォルダに配置して読み込むのが多いと思うんですが、大人の事情により、「exe と dll 以外配信できない」という面倒な状況になりました。

これは困った、ということで、 config を実行ファイルに埋め込んだ上で、初期化時に埋め込みリソース (Embedded Resource) から設定ファイルを読み込む方法を紹介します。

設定ファイルを埋め込みリソースに変更

設定ファイルを埋め込みリソースに変更

なにはともあれ log4net.config のビルドアクションを 埋め込みリソース に設定します。

App コンストラクタで設定

ロガーを使う前ならどこでもいいわけですが、とりあえず App のコンストラクタで設定ファイルを読み込ませます。

public partial class App : Application
{
    // log4net ロガー
    public static readonly log4net.ILog Logger = log4net.LogManager.GetLogger(MethodBase.GetCurrentMethod().DeclaringType);

    public App()
    {
        // 埋め込みリソースからロガーの設定を取得する
        var assembly = Assembly.GetExecutingAssembly();
        var resourceName = assembly.GetManifes‌​tResourceNames()
            .FirstOrDefault(x => x.EndsWith("log4net.config"));
        if (resourceName != null)
        {
            using (var stream = assembly.GetManifestResourceStream(resourceName))
            {
                log4net.Config.XmlConfigurator.Configure(stream);
            }
        }
    }
}

おおまかな流れは下記の通りです。

  1. Assembly.GetExecutingAssembly で実行ファイルの情報を取得
  2. assembly.GetManifes‌​tResourceNames で実行ファイルに含まれるリソース名の一覧を取得
  3. 設定ファイルのファイル名 (log4net.config) で終わるリソース名を抽出
  4. そのリソース名のリソースを assembly.GetManifestResourceStream で開く
  5. log4net.Config.XmlConfigurator.Configure(stream); でロガーに設定を反映

2 で得られるリソース名は、名前空間名がくっついて長ったらしいので、 .FirstOrDefault(x => x.EndsWith("log4net.config")) で後方一致検索させています。

当然ながら log4net の設定ファイル限らず、埋め込みリソースから名前で検索してファイルを使用する場合には同様の方法が使えます。

ちなみに含まれるリソースのリソース名一覧は下記のようにでもすれば列挙できます。

var assembly = Assembly.GetExecutingAssembly();
assembly.GetManifes‌​tResourceNames().ToList().ForEach(Console.WriteLine);

なにかの助けになれば幸いです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください