NLog で設定ファイル NLog.config を埋め込みリソースから読み込む

設定ファイルを埋め込みリソースに変更

NLog の config ファイル (NLog.config) はアプリケーションと同じフォルダに配置して読み込むのが一般的で、この方法は融通が利いてよいのですが、大人の事情により「exe と dll 以外配置できない」ことがあります。

そこで設定ファイルを実行ファイルに埋め込んだ上で、初期化時に埋め込みリソース (Embedded Resource) から設定ファイルを読み込む方法を紹介します。

ほとんど姉妹記事 log4net と同じですが、 XmlReader を使うあたりなど少し変わっています。

log4net の config ファイルを 埋め込みリソース から読み込む

はじめに

本記事の想定は下記の通りです。

  • .NET Framework 4.5 以降
  • C# 7.0
  • NLog 4
  • NLog 使ってるけど大人の事情で config ファイルを表に出せない方

設定ファイルを埋め込みリソースに変更

設定ファイルを埋め込みリソースに変更

まず、 NLog.config のビルドアクションを 埋め込みリソース に設定します。

Logger 生成前に Configuration を設定

ロガーを使う前ならどこでもいいわけですが、とりあえず App のコンストラクタで設定ファイルを読み込ませます。

var assembly = System.Reflection.Assembly.GetExecutingAssembly();
var resourceName = assembly.GetManifes‌​tResourceNames()
    .FirstOrDefault(x => x.EndsWith("NLog.config", StringComparison.OrdinalIgnoreCase));
if (resourceName != null)
{
    using (var stream = assembly.GetManifestResourceStream(resourceName))
    using (var reader = XmlReader.Create(stream))
    {
        NLog.LogManager.Configuration = new NLog.Config.XmlLoggingConfiguration(reader, null, true);
    }
}
Logger = NLog.LogManager.GetCurrentClassLogger();

おおまかな流れは下記の通りです。

  1. Assembly.GetExecutingAssembly で実行ファイルの情報を取得
  2. assembly.GetManifes‌​tResourceNames で実行ファイルに含まれるリソース名の一覧を取得
  3. 設定ファイルのファイル名 (NLog.config) で終わるリソース名を抽出
  4. そのリソース名のリソースを assembly.GetManifestResourceStream で開く
  5. ストリームから XmlReader を作成
  6. XML から XmlLoggingConfiguration を生成し、 NLog.LogManager.Configuration に設定

2 で得られるリソース名は、名前空間名がくっついて長ったらしいので、 .FirstOrDefault(x => x.EndsWith(...)) で後方一致検索させています。

ちなみに new NLog.Config.XmlLoggingConfiguration(reader, null, true); このコンストラクタの第2引数はなぜか「ファイル名」なんですが、 null でも支障ありませんでした。

あとがき

よく見たら本家にも、似たような読み込み方法がありました(笑)

Explicit NLog configuration loading · NLog/NLog Wiki

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください