[ReactiveProperty] Observable.CombineLatest で最初にすべてのシーケンスを発火させておくには

Observer パターンや ReactiveProperty を使った開発で IObservable<T> の最初に任意の要素を付加したい場合があります。

概要

特に複数の IObservable<T>Observable.CombineLatest で結合する場合などは、すべての IObservable<T> が一度は発火していないと動作しないため、とりあえず最初に発火させておきたいのです。

たとえば下記のような ReadOnlyReactiveProperty<DateTime> を作るとして、

// YourReactiveProperty は既存の ReactiveProperty<T> ,
// LastChanged は ReadOnlyReactiveProperty<DateTime> 型だとする

LastChanged = YourReactiveProperty // これと
    .CombineLatest(
        SomeCollection.CollectionChangedAsObservable(), // これを監視する
        (x1, x2) => DateTime.Now)
    .ToReadOnlyReactiveProperty();

この場合、 SomeCollection.CollectionChangedAsObservable() はなにかコレクションが変化するまで発火しませんので、
それまでは YourReactiveProperty が変更されたとしても LastChanged が更新されません

これは意図した動きではないわけで、なんとかするには SomeCollection.CollectionChangedAsObservable() も最初に発火させておく必要があります。

StartWith 拡張メソッドを使う

というわけで、登場するのが IObservable<T>.StartWith() です。
これは IObservable<T>先頭 に任意のシーケンスを追加する拡張メソッドです。

これを上記のソースに追加して下記のようにすることで、LastChanged が直ちに反映されるようになります。

LastChanged = YourReactiveProperty
    .CombineLatest(
-       SomeCollection.CollectionChangedAsObservable(),
+       SomeCollection.CollectionChangedAsObservable().StartWith(new NotifyProperyChangedEventArgs[] { null }),
        (x1, x2) => DateTime.Now)
    .ToReadOnlyReactiveProperty();

ただ、この StartWith の引数を配列 (もしくは IEnumerable<T>) で渡さないといけないのが、イカにもタコにもダサいです。

さらに StartWithDefault 拡張メソッドを定義してみる

そもそもこんなところに型名なんて書きたくない。というわけで、さらに拡張メソッドを定義します。

using System;
using System.Reactive.Linq;

namespace Hogehoge
{
    public static class IObservableExtensions
    {
        /// <summary>
        /// Prepends a default value of the type to an observable sequence.
        /// </summary>
        /// <typeparam name="T"></typeparam>
        /// <param name="observable"></param>
        /// <returns></returns>
        public static IObservable<T> StartWithDefault<T>(this IObservable<T> observable)
            => observable.StartWith(new T[] { default });
    }
}

これでいくらかマシになります。

LastChanged = YourReactiveProperty
    .CombineLatest(
-       SomeCollection.CollectionChangedAsObservable().StartWith(new NotifyProperyChangedEventArgs[] { null }),
+       SomeCollection.CollectionChangedAsObservable().StartWithDefault(),
        (x1, x2) => DateTime.Now)
    .ToReadOnlyReactiveProperty();

これで監視対象が増えても安心ですね!

補足: ReactiveProperty は StartWithDefault が不要な理由

さらっと流しましたが、通常 YourReactiveProperty のほうには StartWithDefault をつける必要はありません。

ReactiveProperty の場合は通常、生成されるときに ReactivePropertyMode.RaiseLatestValueOnSubscribe フラグが有効になっており、このフラグが有効だと Subscribe したときに初期値が通知されるようになっているからです。

参考

今回の拡張メソッドは下記の QA を参考にしました。

.net – About Rx’s CombineLatest and default initial values – Stack Overflow

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください