PowerShellのImport-CsvコマンドレットでCSVファイルを読み込む

私は、Windows環境でCSVデータの加工処理を行う場合、テキストエディタやExcelを使うことが多いので、今回はPowerShellを使ったCSVファイルの読み込み方法について紹介したいと思います。

CSVファイルの読み込みを行う

使用するコマンドレット

CSVファイルを読み込む方法はいくつかありますが、今回はImport-Csvを使用します。

指定したファイルを読み込む

一番シンプルなパターンです。

Import-Csv filepath

パラメータに読み込みたいCSVファイルを指定すれば、以下のように読み込んだ内容を出力します。
パラメータにファイルのみを指定した場合、以下の点に注意してください。

  • ファイルの文字コードはUnicodeである
  • 1行目はヘッダ行である
  • 区切り文字はカンマ(,)である

ファイルの文字コードがSJISの場合

オプションに −Encoding Default を指定してください。

Import-Csv filepath -Encoding Default

`

−Encoding のオプションは、PowerShell3.0以上でないと使用できません。versionが3.0未満の場合はバージョンアップを行うか、 Import-Csv ではなく、 Get-ContentConvertFrom-Csv を組み合わせて読み込むといった方法もあります。

1行目にヘッダ行がない場合

オプションに -Header <string[]> を指定してください。

Import-Csv filepath -Header "col1", "col2", "col3"

<string[]> はヘッダ行をあらわす文字列配列です。

区切り文字がカンマ(,)以外の場合

オプションに -Delimiter <char> を指定してください。

Import-Csv filepath -Delimiter `t

例はタブ区切りのファイルを読み込む場合です。

<char> は区切り文字をあらわす文字です。

読み込んだCSVファイルのデータを処理する

Import-Csv の戻り値

Import-Csv は、読み込んだデータをオブジェクトとして返します。

なので、パイプでつなぎ Where-Object を使ったフィルタリングや、変数に格納して集計処理をするといったことができます。

具体的な使い方については、また今度ご紹介します。

SNSでもご購読できます。