【2021年から Ruby on Rails をはじめる人向け】Rails のデータベース管理システムを PostgreSQL にする手順

link です。

今回は別記事で紹介した Heroku で指定されている PostgreSQL をインストールして、 Rails のプロジェクトで使用する手順を紹介します。

前提条件

  • Windows 10
  • Ruby 3.0.*
  • Ruby on Rails 6

対象読者

Heroku で使われている PostgreSQL を自分の開発環境で使いたいなど、本番環境と開発環境をできるだけ合わせたい初心者向けです。

PostgreSQL のインストール

PostgreSQL のインストーラーをこちらからダウンロードしてください。

インストールするコンポーネントはデフォルトのまま進めます。
postgre0

パスワードを設定します。
postgre1

ポートと Locale の設定もデフォルトのままで大丈夫です。
postgre2

postgre3

インストールが完了したら、完了後の画面のチェックを外して終了させてください。 Stack Builder は使いません。

postgre4

PATH の設定

スタートボタンから設定を開いて、システム → 詳細情報 → システムの詳細設定と辿って行ってください。

path1

path2

path3

環境変数システム環境変数PATHを選択して編集します。

path4

新規を押して、先ほどインストールした PostgreSQL のフォルダにある bin フォルダのパスを入力しましょう。

path5

恐らく C:\Program Files\PostgreSQL\13\bin のようなパスになるはずです。

一度、パソコンを再起動しましょう。 Gem などで利用できるようになったはずです。

Gemfile の変更

Gemfilegem 'sqlite3', '~> 1.4' の先頭に # を付けてコメントアウトします。

gem 'pg' を適当なところに追加して、コンソールに gem install pg と打ちましょう。

Gemfile

# 中略
# gem 'sqlite3', '~> 1.4'  # この行をコメントアウト
# 中略
gem 'pg' # この行を追加

Ruby3.0 に PostgreSQL をインストール

Ruby2.3 以降の Gem にはデフォルトで PostgreSQL のドライバーが入っていません。そこで手動でインストールする必要があります。

コンソールに ridk exec pacman -S mingw-w64-x86_64-postgresql を打ちます。インストールを行いますか?と出てきたら y を入力しましょう。これで Gem にインストールされます。

以降、新規にプロジェクトを作成するか、既存のプロジェクトの DBMS を変更するかでやることが変わります。

新規プロジェクトで PostgreSQL を使用する場合

rails new プロジェクト名 -d postgresql で自動的に PostgreSQL を使ったプロジェクトを生成されます。

既存のプロジェクトで PostgreSQL を使用する場合

コンソールに gem install pg と打ちましょう。 Rails のプロジェクトにインストールされます。

database.yml の編集

config/database.yml を開いて、

default: &default
  adapter: postgresql
  encoding: unicode
  pool: <%= ENV.fetch("RAILS_MAX_THREADS") { 5 } %>
  username: postgres
  password: PostgreSQL をインストールしたときに設定したパスワード
  host: localhost

development:
  <<: *default

test:
  <<: *default

production:
  <<: *default

に書き換えましょう。


これで Rails のプロジェクト内で PostgreSQL が使えるようになったはずです。

それではまた、別の記事でお会いしましょう。

おすすめの記事