オープンソースのアンケートシステムである LimeSurvey 、カスタムなしでも結構融通が利くので弊社でも利用しています。

さて、今回は LimeSurvey のデータベースを新しいデータベースに変更した後、プログラムはそのままで LimeSurvey を再セットアップする手順を紹介します。

LimeSurvey を初期化して使う場合にも使用できます。

環境

  • PHP 7.4.13
  • MySQL 5.7 (変更前、変更後とも)
  • LimeSurvey 3.17.9+190731

※変更後のデータベースはテーブルが存在しない空の状態を想定しています。

すでに動作しているデータベースを初期化する場合は既存のテーブルをすべて削除すれば OK です。

データベース情報の変更

言わずもがな LimeSurvey のデータベース接続情報は application/config/config.php に書かれています。

return array(
    'components' => array(
        'db' => array(
            'connectionString' => 'mysql:host=サーバー名;port=3306;dbname=データベース名;',
            'emulatePrepare' => true,
            'username' => 'ユーザー名',
            'password' => 'パスワード',
            'charset' => 'utf8mb4',
            'tablePrefix' => 'lime_',
        ),

接続するデータベースを変更する場合は、この部分を新しい接続情報に書き換えます。

書き換えた時点で LimeSurvey は設定テーブルが読み込めなくなるので table settings_global not found in database ようなエラーを吐くようになります。

再インストール

新しいデータベースにテーブルを再構築して、利用できるようにします。残念ながら GUI からはできないので、 CLI を利用します。

CLI は application/commands 下にある console.php を使います。管理者のアカウントを作成するための情報を引数で渡します。

コマンドの構文は php console.php install <Admin のユーザー名> <Admin のパスワード> <Admin のフルネーム> <Admin のメールアドレス> です。

$ cd 
$ php console.php install admin Password123 Admin admin@sample.com
$

エラーがなければ特に出力もなく初期化が完了します。

http://limesurvey のアドレス/index.php/admin にアクセスするとログイン画面が表示されるはずです。先ほど設定したアカウントでログインします。

初回のログイン時は少し時間がかかります。ログイン後、ようこそ画面が表示されれば完了です。

参考

おすすめの記事