バッファローの外付けHDD(HD-EB1.0TU2)が認識しないので修理してみた。

こんにちは、じんないです。

先日、バッファローの外付けHDDを譲ってもらったのですが、どうにもこうにも認識しないので修理してみました。

— 注意事項 —
本稿は、趣味の一環で行ったものです。
真似される場合は自己責任でお願いいたします。
故障した場合はメーカーに修理を依頼するか、新しいものを購入しましょう。

さっそく分解してみる

分解はいたって簡単。
底面にあるこのプラスねじを外します。
※2番のプラスドライバーが必要です。
j-exhdd_002

ねじが外れると、このようにパカッと外れます。
j_exhdd_003

両サイドのパネルを前面方向に引き出します。
シールド用の薄い銅板がついているので、注意しましょう。
j_exhdd_004

いよいよ中身が見えてきました。

犯人はコイツだ!

電源内蔵タイプのものなので、まずは電源回路周辺からチェックしていきます。
j_exhdd_005

眺めていると、さっそく怪しいものが出てきました。
電源回路の電解コンデンサが膨らんでいるではありませんか。
j_exhdd_006

長時間の通電や熱がこもる状態(高温高負荷)だと、電解コンデンサの劣化が著しく早くなります。
症状が進行すると天面の溝(故意的に作った十字の溝)から破裂してしまうこともしばしば。。。
マザーボードのコンデンサでもよく見られる現象です。

これでは電源回路が正常に機能しないので、コンデンサを交換しちゃいましょう。

部品の交換

基板とケースを固定しているプラスねじ2本を取り外します。
j_exhdd_007

基板両端のコネクタをはずすと本体から分離できます。
j_exhdd_009

問題のコンデンサは以下の2つ。
・16V 1000uF 105℃ × 1
・10V 2200uF 105℃ × 1

では早速交換していきます。

新旧コンデンサ比較。
左:取り外したコンデンサ
右:新品のコンデンサ(東信工業製)
j_exhdd_010

コンデンサはいつもお世話になっている共立電子さん(@日本橋)で購入しました。
WEBショップでも同じものを購入することができます。
16V/1000uF/105℃品
10V/2200uF/105℃品

新品のコンデンサをはんだ付けし、元通り組み上げていけば完成です。
j_exhdd_011

今回使用したツールはこれだけ。
j_exhdd_013
#2プラスドライバー、はんだごて、こて先クリーナー、はんだ吸い取り線、はんだ。
※ドライバーは貫通タイプでないものを推奨します。

はんだごては60Wのものを使用しました。
このほかに、ミニバイスがあると基板を固定できて便利です。

運命の瞬間

まずは外付けHDDに通電させ、異常がないこと確認します。

そしてPCに接続し、、、

j_exhdd_012

無事に認識してくれました!

※ディスクは500GBのものに交換しています。

あとがき

普通なら処分してしまいがちですが、ちょっと手を加えると復活してくれることもあります。

この瞬間はなんとも言えませんね。

起動して思ったのは結構熱くなるので、常時運転する場合はファンを付けたほうが良さそうです。

修理にかかった費用 145円

ではまた。

SNSでもご購読できます。