[PowerShell] コマンドレットのエイリアスを調べてみた。

エイリアスとは

PowerShell のコマンドレットには、 エイリアス と呼ばれるコマンドレットの名前を別名で定義する機能が実装されています。 この機能の目的は大きく分けて下記の2種類に分かれています。

  • 構文を短縮して記述できるようにする
    • 繰り返し処理をするためのコマンドレット ForEach-Object には % というエイリアスが設定されており、 % { 繰り返し処理 } と記述することができます。
  • cmdbash などに存在するコマンドと似た振る舞いをするコマンドレットに対して各環境のコマンド名で使用できるようにする
    • 例えば、フォルダ内の一覧を取得する場合、通常は Get-ChildItem を使用しますが、 Get-ChildItem には、エイリアスとして、 dirls が設定されているため、 PowerShell 上で dir と実行することで同じ結果を得ることが可能です。

デフォルトで設定されているエイリアスを以下の表にまとめてみました。

エイリアス一覧

コマンド名 エイリアス名※複数存在する場合はカンマ区切り
Add-Content ac
Add-PSSnapIn asnp
Clear-Content clc
Clear-History clhy
Clear-Host clear, cls
Clear-Item cli
Clear-ItemProperty clp
Clear-Variable clv
Compare-Object compare, diff
Connect-PSSession cnsn
ConvertFrom-String CFS
Convert-Path cvpa
Copy-Item copy, cp, cpi
Copy-ItemProperty cpp
Disable-PSBreakpoint dbp
Disconnect-PSSession dnsn
Enable-PSBreakpoint ebp
Enter-PSSession etsn
Exit-PSSession exsn
Export-Alias epal
Export-Csv epcsv
Export-PSSession epsn
ForEach-Object %, foreach
Format-Custom fc
Format-Hex fhx
Format-List fl
Format-Table ft
Format-Wide fw
Get-Alias gal
Get-ChildItem dir, gci, ls
Get-Clipboard gcb
Get-Command gcm
Get-ComputerInfo gin
Get-Content cat, gc, type
Get-History ghy, h, history
Get-Item gi
Get-ItemProperty gp
Get-ItemPropertyValue gpv
Get-Job gjb
Get-Location gl, pwd
Get-Member gm
Get-Module gmo
Get-Process gps, ps
Get-PSBreakpoint gbp
Get-PSCallStack gcs
Get-PSDrive gdr
Get-PSSession gsn
Get-PSSnapIn gsnp
Get-Service gsv
Get-TimeZone gtz
Get-Unique gu
Get-Variable gv
Get-WmiObject gwmi
Group-Object group
help man
Import-Alias ipal
Import-Csv ipcsv
Import-Module ipmo
Import-PSSession ipsn
Invoke-Command icm
Invoke-Expression iex
Invoke-History ihy, r
Invoke-Item ii
Invoke-RestMethod irm
Invoke-WebRequest curl, iwr, wget
Invoke-WMIMethod iwmi
Measure-Object measure
mkdir md
Move-Item mi, move, mv
Move-ItemProperty mp
New-Alias nal
New-Item ni
New-Module nmo
New-PSDrive mount, ndr
New-PSSession nsn
New-PSSessionConfigura… npssc
New-Variable nv
Out-GridView ogv
Out-Host oh
Out-Printer lp
Pop-Location popd
powershell_ise.exe ise
Push-Location pushd
Receive-Job rcjb
Receive-PSSession rcsn
Remove-Item del, erase, rd, ri, rm, rmdir
Remove-ItemProperty rp
Remove-Job rjb
Remove-Module rmo
Remove-PSBreakpoint rbp
Remove-PSDrive rdr
Remove-PSSession rsn
Remove-PSSnapin rsnp
Remove-Variable rv
Remove-WMIObject rwmi
Rename-Item ren, rni
Rename-ItemProperty rnp
Resolve-Path rvpa
Resume-Job rujb
Select-Object select
Select-String sls
Set-Alias sal
Set-Clipboard scb
Set-Content sc
Set-Item si
Set-ItemProperty sp
Set-Location cd, chdir, sl
Set-PSBreakpoint sbp
Set-TimeZone stz
Set-Variable set, sv
Set-WMIInstance swmi
Show-Command shcm
Sort-Object sort
Start-Job sajb
Start-Process saps, start
Start-Service sasv
Start-Sleep sleep
Stop-Job spjb
Stop-Process kill, spps
Stop-Service spsv
Suspend-Job sujb
Tee-Object tee
Trace-Command trcm
Wait-Job wjb
Where-Object ?, where
Write-Output echo, write

上記の一覧の内容を参考に、フォルダ内(サブフォルダを含む)のcsvファイルを1つにまとめる場合は、以下のようなコマンドになります。

# エイリアスを使用しない場合
> Get-ChildItem -Recurse *.csv | Get-Content | Set-Content merge.csv

# エイリアスを使用した場合
> ls -R *.csv | cat | sc merge.csv

コマンド自体が短くなってすっきりし、なんとなく bash ぽくなりましたね。

それではまた。

関連記事

SNSでもご購読できます。