ソースコードの頻出単語 regist (覚えるべからず)

最近、業務の都合上、他社の書いたプログラムを読むことが多いのだが、そこに頻出する単語が regist である。

今関わっているソースコードは書かれた時期はそう古くもないのだが、設計もフレームワークも古い。 (.NET Framework 2.0)

regist という頻出単語

ちょっと辞書を引けばわかることだが、 regist という英単語はない。言うまでもなく、 registration の動詞形は regsiter である。

おそらく「登録する」→「registration する動詞」→「regist」みたいな流れだと思うが、なぜちょっと調べることすらしないのか。

register が -er で終わることと、「レジスター」=「レジ」だから逆に名詞形だと考えてしまう人もいるのかもしれない。

resist という実在の単語

regist もひどいが発展形として resist も頻出する。

電気出身の私は「レジスト」と日本語で書くと、ソルダーレジスト (電気回路基板に使われる緑の保護膜) をイメージしてしまうが、それはさておき、厄介なことにこちらの resist は英単語として存在するのだ。

こちらは「抵抗する」という意味合いであり、名詞形は resistance, resistor である。 (なんとここにも「レジスター」がある)

スペルミスには気をつけたい

というわけで、一文字違いの resist をも巻き込み、私は regist と resist が同居するカオスなソースコードを読むことを余儀なくされている。

regist ならまだ間違いと明確だが、 resist だと「なにかに対抗するプログラムかも?!」という誤解を生む可能性がゼロではない(笑)

ということでプログラマー諸氏にはぜひとも regist に resist していただきたいと思う。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください