RLogin と WinSCP を使って多段 SSH 経由で SCP を利用する

先日、ターミナルソフト RLogin を使って多段 SSH 経由でリモートデスクトップで Windows サーバーに接続する という記事を書いたので、次に RLoginWinSCP を使って 2 段の SSH 経由でリモートサーバーのファイルを操作する方法を紹介します。

概要

環境

今回は下記のような構成を前提とします。前回と違うのは C が Windows から Linux に変わったところだけです。

  • A: 踏み台 1 hogehoge.sample.com (CentOS 6, B にアクセス可能なネットワーク)
  • B: 踏み台 2 fumifumi.sample.com (CentOS 6, C にアクセス可能なネットワーク)
  • C: SCP 先のマシン momimomi.sample.com (CentOS 6)

OS は Windows 10 Pro, RLogin のバージョンは 2.22.3 です。

hogehoge と fumifumi を通して momimomi に SCP で接続します。

接続の考え方

接続の仕組みを確認しておきましょう。

  1. A の SSH 接続を localhost:10022 ポートでプロキシできるようにする
  2. A の SSH 接続をプロキシとして使って B に接続し、 B をトンネルして C に SCP で接続する

この流れで 1 を RLogin 、 2 を WinSCP で行います。

RLogin 側の設定

A の SSH 接続を localhost:10022 ポートでプロキシできるようにする

前回の記事で作った A の接続がある場合はこの手順は不要です。

まだ A の接続がない場合は、前回の記事を参照して作成してください。

WinSCP 側の設定

B をトンネルして C に SCP で接続する

WinSCP を起動してログイン画面で新しいサイトをクリックし、右側に最終的に SCP で接続したいホスト (C/momimomi) の情報を入力します。

  • 転送プロトコル: SCP
  • ホスト名: C のホスト名または IP アドレス (ここでは monimoni.sample.com)
  • ポート番号: C の SSH ポート番号 (デフォルトは 22)
  • ユーザ名: C の接続に使うユーザー名
  • パスワード: C の接続に使うパスワード

入力が終わったら 設定… ボタンを押します。高度なサイトの設定画面で、接続 → プロキシ を開きます。

  • プロキシ形式: SOCKS5
  • プロキシホスト名: localhost
  • ポート番号: A のポートフォワードで設定したポート (ここでは 10022)
  • ローカルホストからもプロキシ接続を行う にチェック

次に 接続 → トンネル を開きます。

  • SSHトンネルを経由して接続する にチェック
  • ホスト名: 踏み台 2 (B) の ホスト名または IP アドレス (ここでは fumifumi.sample.com)
  • ポート番号: 踏み台 2 (B) の SSH ポート番号 (デフォルトは 22)
  • ユーザ名: 踏み台 2 (B) の接続に使うユーザー名
  • パスワード: 踏み台 2 (B) の接続に使うパスワード

接続

以上で設定は完了です。

まず RLogin で A に対して接続してください。その後、 WinSCP から C に対して接続すれば、 A → B を通って C に接続され、ファイル一覧が取得できるはずです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*