[Windows Server 2012 R2] Hyper-Vの仮想マシンにホストネットワークを共有する

こんにちは。

今回は、 Windows Server 2012 R2(以降:ホストマシンと表記) 上の Hyper-V で作成した仮想マシン(以降:仮想マシン)のネットワークをホストマシンのネットワークと共有 する手順について紹介します。

仮想マシンにZabbixサーバーをインストールし、Zabbixクライアント(監視対象) を監視することが目的です。
※Zabbixのインストール手順は割愛します。

Zabbixサーバー側 10051/tcp と Zabbixクライアント側 10050/tcp の間を通します。

イメージ図 は以下のような感じです。

ホストマシン側

  1. PowerShellを管理者権限で起動し、以下のコマンドを実行し 仮想スイッチを作成 します
    New-VMSwitch -SwitchName "NAT" -SwitchType Internal

    上記のコマンドにより、 NAT という名前の仮想スイッチ(内部)が作成されます。

  2. 物理インターフェース (イメージ図 NIC1) のプロパティから以下の流れで 共有設定 をします。

  3. 仮想ネットワーク (イメージ図中 vEthernet(NAT)) にIPアドレスが割り当てられます

仮想マシン側

  1. 仮想マシンを作成し、CentOS7をセットアップします。

  2. IPアドレス設定を手動(Manual) にし、自身のネットワークは 前項の手順3 と同じネットワーク帯で重複しないIPアドレスを設定し、ゲートウェイには 前項の手順3 のIPアドレスを設定します。

    以下は仮想マシンのネットワーク情報です。

    $ netstat -rn
    Kernel IP routing table
    Destination     Gateway         Genmask         Flags   MSS Window  irtt Iface
    0.0.0.0         192.168.137.1   0.0.0.0         UG        0 0          0 eth0
    192.168.137.0   0.0.0.0         255.255.255.0   U         0 0          0 eth0
    
    $ ip a
    1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN group default qlen 1000
        link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
        inet 127.0.0.1/8 scope host lo
           valid_lft forever preferred_lft forever
        inet6 ::1/128 scope host 
           valid_lft forever preferred_lft forever
    2: eth0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc mq state UP group default qlen 1000
        link/ether 00:15:5d:66:e0:04 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
        inet 192.168.137.10/24 brd 192.168.137.255 scope global noprefixroute eth0
           valid_lft forever preferred_lft forever
        inet6 fe80::215:5dff:fe66:e004/64 scope link 
           valid_lft forever preferred_lft forever
    

    この時点で仮想マシンからインターネットに出られるようになっています。

準備完了

あとは、仮想マシン側のファイアウォール(firewalld)の設定で 10051/tcp が通るように設定し、監視対象の準備を行えばOKです。

ホストマシン側のWindowsファイアウォールの設定は不要 でした。

参考になれば幸いです。
それでは次回の記事でお会いしましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください