Windows PowerShell を使って Excel を操作する – シート操作編

windows環境で Excel をプログラム言語で操作する方法に VBA がよく紹介されてますが、 Windows PowerShell でもお手軽に操作することが可能なので、紹介していきたいと思います。

使用環境

  • Windows 10
  • Windows PowerShell 5.1
  • Microsoft Excel 2016

操作方法

Excel を起動

まずは、Excelを起動させましょう。

# Excelのプロセスを起動
$excel = New-Object -ComObject Excel.Application

# 起動したExcelを表示する
$excel.Visible = $true

上記のコマンドを順に実行すると以下の状態でExcelが起動します。

ワークブックを作成

今の状態では、何もないExcelなので、ワークブックを作成しましょう。

# 新規のワークブックを作成
$book = $excel.Workbooks.Add()

上記のコマンドで新規のワークブックが作成されます。

Excelを起動させた直後によく見る状態ですね。

シートの追加とシート名の変更

シートの追加とシート名の変更をしてみましょう。

# シートの追加
$book.Worksheets.Add()

# シート名の変更 - シート番号で指定
$book.WorkSheets.item(1).name = "hoge"

# シート名の変更 - シート名で指定
$book.WorkSheets.item("Sheet1").name = "fuga"

# シートをコピー - hogeをコピーしてfugaの前に配置
$book.Worksheets.item("hoge").copy($book.Worksheets.item("fuga"))

上記のコマンドを順に実行すると3つのシートが作成された状態になります。

# シートの追加
$book.Worksheets.Add()

Addによるシートの追加を行った場合、一番手前(シートの並びの一番左側)に追加されます。

# シート名の変更 - シート番号で指定
$book.WorkSheets.item(1).name = "hoge"

# シート名の変更 - シート名で指定
$book.WorkSheets.item("Sheet1").name = "fuga"

操作対象のシートの指定は、並び順によるシート番号の指定または、シート名で指定することができます。

シートの削除

シートを削除してみましょう。

# シートを削除 - シート番号で指定
$book.WorkSheets.item(3).delete()

# シートを削除 - シート名で指定
$book.WorkSheets.item("hoge (2)").delete()

上記のコマンドを順に実行するとシート2つ削除され1つだけシートが残っている状態になります。

ワークブックの保存

作成したワークブックを保存しましょう。

# 名前をつけて保存
$book.SaveAs("C:\tmp\exsample.xlsx")

SaveAs() の引数にファイルパスを設定することで、指定のフォルダ配下に指定したファイル名で保存されます。

Excel を閉じる

開いている Excel を閉じてみましょう。

# Excelを閉じる
$excel.Quit()

# プロセスを解放する
$excel = $null
[GC]::Collect()

Quit() だけでは、開いていたワークブックを閉じるだけなので、プロセスが残ったままなので、併せてプロセスの解放を行ってあげる必要があります。

以上、シートの基本操作でした。次回はセルの操作について紹介したいと思います。

SNSでもご購読できます。