[Slack] 自動書式設定を無効にする

普段、 Slack でメッセージ入力をする際、マークアップ記法を用いているのですが、 v4.2.0 のアップデートで追加された自動書式設定機能のおかげで、非常に使いづらくなってしまいました。

Windows版「Slack」アプリに書式設定ツールバーが追加 – 窓の杜

しばらくそのままの設定で使い続けていたのですが、検索してみると、公式ページに自動書式設定機能を無効にする方法が掲載されてましたので、その手順を紹介します。

設定変更前

自動書式設定が有効な場合、書式設定ツールバーが表示されています。

メッセージの書式設定 | Slack に書式設定ツールバーを非表示にする手順が載っておりますが、非表示にするだけで無効にはならないので気を付けてください。

設定変更方法

デスクトップで書式設定を行う | Slack の記載内容に沿って説明していきます。

メニューを表示


画面左上にあるワークスペース名をクリックします。

環境設定を開く


メニューから環境設定を選択します。

詳細設定を開く

詳細設定を選択します。

「マークアップでメッセージを書式設定する」を有効にする

「入力オプション」 から、「マークアップでメッセージを書式設定する」の横にあるボックスにチェックを入れます。

以上で、設定は完了です。

設定変更後

書式設定ツールバーがなくなり、自動書式設定が無効になりました。

おかげで、入力時のイライラからも解放されました!

SNSでもご購読できます。