[ThinkPad X1 Carbon 5th] Detection error on Storage Device (M.2) エラーが出て OS が起動しない

こんにちは、じんないです。

先日、なんだか PC が重いなぁと思いつつ作業していると、突然ブルースクリーンになりました。

Windows では稀にあることで、まぁ再起動すれば直るだろうと思っていたのですが、なんだか見慣れない画面が・・・

2100: Detection error on Storage Device (M.2)
Press Esc to continue.

何回再起動しても状況は変わらないので対処してみました。

環境

  • ThinkPad X1 Carbon 5th (20HR)
  • Windows 10 Pro (1809)

ディスクを抜き差ししてみる

エラーを見ているとストレージでエラーが出ていることは読み取れます。

SSD が逝ってしまったのかなぁとあれこれ Web で調べていると、接触による問題もあるのだとか。

というわけで、さっそく裏蓋のネジを外し分解していきます。

分解はメーカーの保障対象外のとなるだけでなく、危険を伴いますので自己責任でお願いします。

ディスクは簡単にアクセスできる位置にありました。下側についているネジ1本で止まっているので、そのネジを外していきます。

ネジを外したあと、少し持ち上げながら手前に引くと取り外すことができます。

この SSD は M.2 タイプなので、メモリのように薄っぺらいです。

両者にメリット・デメリットはあるものの、3.5インチの HDD からすると、時代は進んだもんだなぁと感じました。

我々の仕事もこれらのハードウェアに支えられていることを忘れてはいけませんね。

さて、話がそれましたが SSD のコネクタ部分をダスター等で清掃し、元どおり組み立てます。端子が折れないように注意してください。

電源を入れてみる

これで起動しなかったらどうしようと心配しましたが、無事に Windows が起動してくれました。

念のため Crystal Disk Info でステータスを確認しましたが、正常となっていました。

ひとまず様子を見ようと思います。

ではまた。

参考

SNSでもご購読できます。