CentOS 8 の終了ニュースをみて CentOS Stream インストールレビューしてみた

こんにちは。

2020年12月8日に CentOS Project が Stream 以外の CentOS 8 を 2020 年末に終了 (EoL) するという衝撃のニュース が出ました。
CentOS Project shifts focus to CentOS Stream – Blog.CentOS.org

Google 翻訳ですが、記事を読んでみると、

Red Hat Enterprise Linux(RHEL)の再構築であるCentOS Linuxから、現在のRHELリリースの直前に追跡するCentOSStreamに焦点を移します。CentOS Linux 8は、RHEL 8の再構築として、2021年の終わりに終了します。

続けて、CentOS 7 は RHEL7 のサイクルとおりに継続する 、ともありました。

その間、多くの皆さんがCentOS Linux 7に深く投資していることを理解しており、RHEL7のライフサイクルの残りを通してそのバージョンを作成し続けます。

RHEL7.7 は 2023 年 8 月 30 日終了予定 となっているので CentOS 7 を利用していればまだ焦ることはありません。
Red Hat Enterprise Linux のライフサイクル – Red Hat Customer Portal

まさか CentOS 7 を使っていたほうが余命が長くなる なんて・・・

CentOS 8 を採用しているお客さまも多いことから Stream の移行かもしくはその他か・・・考えていかないといけません、

記事には、Stream 8 に移行することが最善、とありました。

CentOS Linux8からの小さなデルタであるCentOSStream 8に移行するのが最善のオプションであり

と、いうことで (!?) Stream 8 をインストールしてみました。
恥ずかしながら初めてです。

環境

  • VMware ESXi 6.7
  • 仮想マシン (2コア、2GBメモリ)

インストール

CentOS-Stream-8-x86_64-20201211-dvd1.iso を利用しました。
Index of /centos/8-stream/isos/x86_64

  • ISOからブート します


  • 言語を選択 します

  • インストール概要を決定 します (今回は 全てデフォルト でインストールしてみます)




  • インストールが進行 し、 再起動 します


  • ライセンスに同意 します






ここまででインストールは完了です。
CentOS 8 となんら変わりはなく違和感なし です。

初期セットアップ

  • Welcome 画面を 次へ で進みます

  • プライバシー の確認を 次へ で進みます

  • オンラインアカンとへの接続はスキップ します

  • ユーザーを作成 します


  • これで 初期セットアップが完了 します


メニューはこんな感じでした。

このあと、パッケージのインストールなども試してみましたが特に違和感を感じることはなく、触ってみた限りでは CentOS 8 と同様に使うことが出来な印象でした。

この記事 でも、

Fedoraのような、開発要素の高いディストリビューションではなく、引き続きRHELの互換OSという点ではCentOSと変わらず、RHELのメジャーバージョンにも追従するため、大きな変化はありません。

とまとめられていました。

今後の 提案は CentOS 8 から CentOS Stream となりますね。
それでは次回の記事でお会いしましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください