Laravel 5.5 + PHP 7.2 で count のエラー (Warning) が発生

とあるプロジェクトで Laravel 5.5 を使っているものがあるのですが、最近手元の開発環境を更新して PHP 7.2 にしたところ、下記のエラーに見舞われて一部の機能が動かないという事態になりました。

ErrorException in Builder.php line ...:
count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable

原因

PHP 7.2 で count(NULL) が Warning を吐くようになったことが原因でした。

まぁ、つまり「NULL チェックしてね」ということなので、 count(NULL) がエラーになるのはいいのですが、マイナーバージョンでいきなり変更されるとビビりますね。

本番環境で起こる可能性があるかと思うとゾッとします。

対策

すでに先人がいろいろ検討されていますが、今のところ Laravel 本体に手をいれるか、 PHP 7.2 以降なら Warning を吐かないようにしてやるしかないようです。

routes/web.php の冒頭に下記のように追記します。
public/index.php では効果がありませんでした。

<?php

if (version_compare(PHP_VERSION, '7.2.0', '>=')) {
    error_reporting(E_ALL ^ E_NOTICE ^ E_WARNING);
}

もちろん php.ini で設定してもよいとは思います。いずれにしろ、すべての Warning を抑制してしまうので、開発環境としてはそれでいいのか感はあります

本来は Laravel のバージョンを更新するほうがいいのですが、現状ではフレームワークバージョンはあまり上げたくないのと、今から大規模に Laravel 5.5 で開発することはないので、とりあえず今回の回避策でしのぎます。

参考サイト

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください