Windows 10で指紋認証Helloがグレーアウトして設定できないを解決

こんにちは。

新たなPCをセットアップしていると、Windows 10の指紋認証であるWindows Helloがグレーアウトしていて設定できないことではありませんか。

無事解決できましたので紹介します。

Windows 10は2016年10月25日の時点で最新となっています。

Windows Hello がグレーアウト

Windows Helloは、スタートメニューの設定から開きます。

2016-10-25_18h01_25

2016-10-25_18h07_08

2016-10-25_18h07_27

以下のように設定する部分がグレーアウトしていて、設定ができません。

2016-10-25_18h07_43

グループポリシーを変更

左下のWindows マークをクリックし、キーボードで gpedit.msc と入力し、ローカルグループポリシーエディタを開きます。

2016-10-25_18h10_29

コンピューターの構成→管理者テンプレート→システム→ログオンを開き、便利なPINを使用したサインインをオンにするをダブルクリックで開きます。

2016-10-25_18h13_36

2016-10-25_18h14_02

2016-10-25_18h15_48

未構成から、有効にチェックを変更し適用を押します。

2016-10-25_18h16_13

Windows Hello が設定できることを確認

再度設定画面まで進め、設定できるようになっていることを確認します。

2016-10-25_18h17_23

Windows Hello を設定してみる

セットアップから開始します。

2016-10-25_18h18_25

指紋を登録します。

2016-10-25_18h18_31

別の角度から登録します。

2016-10-25_19h23_41

PINコードを登録するために、Windowsログインのパスワードを求められます。

2016-10-25_19h24_16

PINコードを登録し、設定完了です。

2016-10-25_19h24_54

あとがき

ひと昔前に指紋認証を使おうと思うと、認証するためのデバイスを別途購入してUSBでPCに接続して、ということをしていました。

今時は指紋認証デバイスが標準でPCに付属していることも多く、Windows HelloのようにOS標準で認証ソフトウェアを提供してくれているのでよい時代になりました。

非常に便利なので是非みなさんもご利用ください。

それでは、次の記事でお会いしましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*