Windows Server 2016 Techical Preview をインストールしてみた

今回は、2016年の夏頃にリリースされてると言われているWindows Server 2016 のPreviewバージョンをインストールしてみました。

弊社は、Microsoft BizSparkに参加しているので、MSDN上から入手しています。
インストール時点では technical_preview_5 でした。

BizSparkは、マイクロソフトが提供するスタートアップ支援のプログラムで開発ツールやクラウド環境などを 3 年間無償で利用できるというものです。

インストール

CDから起動すると、Windows Server 2012と同様な画面から始まりました。

2016-06-22_16h31_17

今すぐインストールを選択します。ここも2012とほぼ同じですね。

2016-06-22_16h32_50

セットアップが始まり、

2016-06-22_16h33_39

お、ライセンスキーが求められた。今回は入力しないで進みます。

2016-06-22_16h34_18

とりあえず、今回はGUI操作をしたいので、上から2番目の(Desktop Experience)を選択で進みます。
1番上の選択肢は、2012 R2 までは Server Coreと呼ばれていたもので、ログインするとコマンドプロンプトが開かれているタイプです。

2016-06-22_16h35_26

お決まりのライセンスの同意があり、

2016-06-22_16h36_37

今回は新規なので、カスタムを選択します。

2016-06-22_16h36_58

新規から、全ての領域を適用して進みます。

2016-06-22_16h38_15

次へでインストールを開始します。

2016-06-22_16h39_38

完了するまで待ちます。
ここまでは、特に2012と大きな違いはないですね。
途中でライセンスが求められることぐらいでしょうか。

2016-06-22_16h40_23

初期設定

起動してきました。
パスワードを設定します。

2016-06-22_17h04_58

2016-06-22_17h05_43

操作してみた感想

ログイン画面はこんな感じです。あまり変わってないですかね。

2016-06-22_17h06_15

2016-06-22_17h07_26

ログイン直後のデスクトップ画面はWindows 10そのもの!

2016-06-22_17h10_09

サーバマネージャーはあまり変化はないです。

2016-06-22_17h10_15

スタートメニューもWindows 10そのものですね。

2016-06-22_17h11_58

コントロールパネル。

2016-06-22_17h12_23

管理ツール。

2016-06-22_17h12_37

発売日は、2016年夏頃のようです。

ちなみに、Windows2012のサポートが切れるのは2023/01/10です。
参照

Windows10に日々触れておけば特に操作感のとまどいはないと思います!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*