Windows Terminal の Ubuntu の開始ディレクトリをホームディレクトリにする

Windows Terminal の Ubuntu の開始ディレクトリをホームディレクトリにする

最近、 Web 系の開発では WSL 2 上の Ubuntu で作業することが多くなりました。ターミナルには Windows Terminal を使っています。

ただ、 Windows Terminal で WSL のシェルを開くと既定のディレクトリが /mnt/c/Users/<ユーザー名> になってしまうため、これをホームディレクトリ ~/ に変更しました。

前提

この記事は下記の環境を想定しています。

  • Windows 10 Pro 20H2
  • Windows Terminal 1.8.1521.0
  • Ubuntu 20.04 on WSL 2

概要

先に書いた通り、Windows Terminal で WSL のターミナルを開くと、下記のように既定のディレクトリが /mnt/c/Users/<ユーザー名> になってしまいます。

これは Windows 側の C:\Users\<ユーザー名> に相当します。

既定のディレクトリが Windows のユーザーディレクトリになってしまう

既定のディレクトリが Windows のユーザーディレクトリになってしまう

ただ、 Linux 上で作業するのであれば、あまり Windows のユーザーフォルダにいてもうれしくないので、毎回ホームディレクトリに移動していました。

まぁ cd ~/hogehoge とするだけですが、やはり毎回は面倒なので、デフォルトでホームディレクトリになっていてほしいところです。

原因と設定

原因は単純で、開始ディレクトリとして %USERPROFILE% が設定されているからです。

ということで設定を変更します。

Ctrl + , で設定を開き、対象のプロファイル(今回は Ubuntu-20.04)を選択します。

**「ディレクトリの開始」**が開始時のディレクトリです。 (“Starting Directory” の略だと思いますが、誤訳っぽいですね)

%USERPROFILE%C:\Users\<ユーザー名> になっていることが確認できます。

Windows Terminal のデフォルトでは「ディレクトリの開始」が %USERPROFILE% になっている

Windows Terminal のデフォルトでは「ディレクトリの開始」が %USERPROFILE% になっている

ここをホームディレクトリ (/home/<ユーザー名>) に変更すればいいだけですが、この**「ディレクトリの開始」は Windows 側のパス指定**でないといけませんので Windows 側のパス指定で、 Linux 側のホームディレクトリを指定します。

WSL 側のファイルシステムは Windows 側から \\wsl$\ でアクセスできます。よって、今回の Ubuntu-20.04 の場合は \\wsl$\Ubuntu-20.04\home\<ユーザー名> のようになります。

「ディレクトリの開始」を \wsl$&lt;プロファイル名>\home&lt;ユーザー名> に変更

「ディレクトリの開始」を \wsl$<プロファイル名>\home<ユーザー名> に変更

上記のようにパスを変更したら、 [保存] します。

これでホームディレクトリで Linux にアクセスできるようになっているはずです。

無事 Linux 側のホームディレクトリが既定のディレクトリになった

無事 Linux 側のホームディレクトリが既定のディレクトリになった

どなたかのお役に立てれば幸いです。

kenzauros