Docker + PHP 5.6 + MySQL 5.7 で WordPress 3.9 を動かす (Docker for Windows)

Docker + PHP 5.6 + MySQL 5.7 で WordPress 3.9

すでに動作している WordPress 3.9.9 を模擬するため、手元に PHP 5 系 + MySQL 5 系の環境が必要になりました。

Docker for Windows でうまく動いてくれたのでメモしておきます。

概要

Docker + PHP 5.6 + MySQL 5.7 で WordPress 3.9

Docker for Windows 上に PHP 5.6 のコンテナと MySQL 5.7 のコンテナを起動させ、ホストマシンの WordPress 3.9.9 を http://localhost でホストします。

通常であれば PHP は 7 系でいいのですが、動作環境のレンタルサーバーでは PHP 5.3 で動作が遅いという問題があったので、なるべく近い環境を再現しました。

弊社のせいではないので「WordPress も PHP も古すぎるやろ」というツッコミは勘弁してください。

ディレクトリ構成

こんな感じのディレクトリ構成を想定します。

.
├ docker/
│ ├ web/
│ │ ├ Dockerfile
│ │ └ php.ini
│ ├ db.sql
│ └ docker-compose.yml
├ .htaccess
├ wp-admin/
├ wp-content/
├ wp-includes/
├ index.php
├ wp-config.php
└ wp-*.php

db.sql は本番環境からエクスポートしてきたデータベースダンプファイルで MySQL に流し込みます。元データを戻す必要がない場合は不要です。

php.ini はコンテナにマウントします。今回は一旦イメージを起動させ、 /usr/local/etc/php/php.ini-development をコピーしてきました。特に設定は変更していません。

Docker 構成

PHP の実行環境 + Apache

まず PHP の実行環境と Web サーバーは php:5.6-apache のイメージを利用します。

library/php – Docker Hub

本番環境の模擬には PHP 5.3.3 がよかったのですが、公式イメージではさすがに 5.6 しか選べなかったのでここは諦めました。

web/Dockerfile

いくらかイメージに追加設定が必要なので、 Dockerfile (web/Dockerfile) を作成して下記のように記述します。

FROM php:5.6-apache
RUN apt-get update && docker-php-ext-install mysql mysqli pdo_mysql mbstring && a2enmod rewrite

docker-php-ext-install は Docker の PHP 公式イメージに入っているコマンドで指定した拡張機能をいい感じに使えるようにしてくれます。 MySQL 系の拡張機能をインストールしておきます。

a2enmod は Apache 2 のコマンドで、 WordPress の URL 変換に mod_rewrite モジュールが必要なので有効にしておきます。

MySQL

MySQL も公式イメージの mysql:5.7 を利用します。

こちらは環境変数である程度の設定ができるので、 Dockerfile は省略し、 docker-compose.yml で設定しました。

library/mysql – Docker Hub

docker-compose.yml

version: "2"
services:
  web:
    build: ./web
    ports:
      - "80:80"
    volumes:
      - ../:/var/www/html
      - ./web/php.ini:/usr/local/etc/php/php.ini
    links:
      - db
  db:
    image: mysql:5.7
    ports:
      - "3306:3306"
    volumes:
      - ./db.sql:/tmp/db.sql
    environment:
      MYSQL_ROOT_PASSWORD: root
      MYSQL_DATABASE: wordpress
      MYSQL_USER: hogehoge
      MYSQL_PASSWORD: hogehoge

web

  • volumes
    • Apache のルートディレクトリは /var/www/html なので、** WordPress のルートディレクトリをマウント**します。
    • php.ini/usr/local/etc/php/php.ini に配置したものが使われるため、ホストマシンの web/php.ini をマウントします。

db

  • volumes
    • データベースのデータを戻すため、ダンプファイルをマウントしていますが、戻す必要がない場合は不要です。
  • environment
    • MYSQL_DATABASE, MYSQL_USER, MYSQL_PASSWORDwp-config.php の内容と合わせます

今回は MySQL のデータを永続化しませんので、データボリュームのマウントはしていません。

必要なら docker volume create dbdata 等でボリュームを作成し、 /var/lib/mysql にマウントしましょう。

~略~
  db:
    image: mysql:5.7
    ports:
      - "3306:3306"
    volumes:
      - ./db.sql:/tmp/db.sql
      - dbdata:/var/lib/mysql
volumes:
  dbdata:

起動

cd docker
docker-compose up -d

データベース復元

db に入って mysql コマンドでダンプファイルを流し込みます。

docker exec -it docker_db_1 bash
mysql -u hogehoge -p -D wordpress < /tmp/db.sql

(docker_db_1 は名前が違うかもしれませんので docker ps で確認してください)

参考

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください