筆休め

こんにちは。最近、 Kero Kero BonitoFlamingo という曲に少しハマっている k-so16 です。なぜか面白く感じてついつい何回も聴いてしまいます(笑)

WPF 開発をしていて、MVVM のように Collection への要素の追加を監視して ListBox に即座に反映したいという場面に遭遇しました。 WPF 開発初心者の私は kenzauros さんにヒントをもらって実現方法を調べてみることにしました。

Collection の Add() は同じ Collection のインスタンスに要素を追加しているので、 Collection の参照自体は変更されません。 つまり、 Observable<T> で Collection を監視しても、 Add() による変更は検知されず、 ListBox に変更が反映されません。そのため、 Collection の要素を監視対象 とする必要があります。

本記事では、 Collection に要素が追加された際に即座に ListBox に反映する方法を紹介します。

想定する読者層は以下の通りです。

  • C# について基本的な知識を有している
  • WPF の基礎的な知識を有している
  • ReactiveProperty について基礎的な知識を有している

要素の追加を ListBox に即時反映する方法

Collection への要素の追加を監視して ListBox などの UI コンポーネントに通知する方法は以下の 2 通りが存在します。

  • ObservableCollection<T> を利用する方法
  • ReactiveCollection<T> を利用する方法

以降の節では、それぞれの方法について、簡単なサンプルを用いて説明します。

作成するプログラム

作成するサンプルプログラムとして、 Check in ボタンが押されたら、チェックイン時刻を ListBox に記録として追加するようなプログラムの作成を考えます。動作のイメージは以下の GIF アニメーションの通りです。

動作イメージ

実装方針としては、 ObservableCollection<T>, ReactiveCollection<T> ともにチェックイン履歴は文字列の Collection として保持し、 Check in ボタンを押したらこの Collection に記録の文字列が追加されることを想定します。 Collection に要素が追加されたら、 MVVM のように変更を検知して、 ListBox に追加された内容が反映させます。

Collection と ListBox の変更検知のモデル

ObservableCollection<T> を利用する方法

ObservableCollection<T>ListBoxItemSource プロパティにバインドすることで、要素が追加された際に即時的に ListBox にも反映されます。ボタンが押された際に ObservableCollection<T> のインスタンスメソッド Add() を利用することで、要素が追加され、さらに ListBox にも即座に追加内容が表示されます。

ViewModel の実装例は以下の通りです。

class ViewModel
{
    public ObservableCollection<string> CheckInLog { get; }
    public ReactiveCommand CheckInCommand { get; }

    public ViewModel()
    {
        CheckInLog = new ObservableCollection<string>();
        CheckInCommand = new ReactiveCommand();
        CheckInCommand.Subscribe(() =>
        {
            CheckInLog.Add($"Checked in at {DateTime.Now}.");
        });
    }
}

Button がクリックされた際の Command として、 CheckInCommand を定義します。 Subscribe()Action 内で ObservableCollection<string> の要素を追加すると ListBox にも即座に反映されます。

XAML の Window タグの内側は以下の通りです。

<Grid>
    <Grid.ColumnDefinitions>
        <ColumnDefinition Width="*"/>
        <ColumnDefinition Width="*"/>
    </Grid.ColumnDefinitions>
    <Button Content="Check in" Width="100" Height="30" Command="{Binding CheckInCommand}"/>
    <ListBox ItemsSource="{Binding CheckInLog}" Grid.Column="1" Width="300" Height="400"></ListBox>
</Grid>

ObservableCollection<T> のインスタンスを ListBoxItemSource プロパティにバインドし、 Add() を実行するだけで自動的に要素の追加が ListBox にも反映されるので、簡単に実現できることが実感できるかと思います。

ReactiveCollection<T> を利用する方法

ReactiveProperty にも ObservableCollection<T> のように、 Collection の要素の変更を監視するクラスとして、 ReactiveCollection<T> が用意されています。 ObservableCollection<T> と同様に ReactiveProperty<T>ListBoxItemSource プロパティにバインドすることで、要素が追加された際に即時的に ListBox にも反映されます。

ReactiveCommandToReactiveProperty<T>() のように ToReactiveCollection<T>() も用意されており、 Select() で変換して要素として追加できるので、 ReactiveProperty に慣れている方には使い勝手が良いのではないでしょうか?

ReactiveCollection<T> を用いた場合の ViewModel クラスの定義は以下の通りです。

class ViewModel
{
    public ReactiveCommand CheckInCommand { get; }
    public ReactiveCollection<string> CheckInLog { get; }

    public ViewModel()
    {
        CheckInCommand = new ReactiveCommand();
        CheckInLog = CheckInCommand.Select(_ => $"Checked in at {DateTime.Now}.")
            .ToReactiveCollection();
    }
}

要素を追加する Add() メソッドを用いなくても、 ReactiveCommandToReactiveCollection()ReactiveCollection<string>() に変換することで、 Command が実行されると要素が追加されます。

XAML は ObservableCollection<T> のコード例と同じなので、この節では割愛します。

ReactivePropertry<T> を使って UI コンポーネントの変更を監視している場合、 ListBox などの Collection を扱う際に ReactiveCollection<T> を用いることで コードの記述が統一的に書ける はずなので、 可読性を向上 させられそうですね。

ObservableCollection<T>ReactiveCollection<T> の使い分け

上記のサンプルプログラムのように、 Collection の末尾に要素を追加 する場合は ReactiveCollection<T> が適しています。追加する要素を Select() を利用して記述できるので、 ObservableCollection<T> に比べてシンプルに書けます。一方で、要素を Collection の途中に追加したり、並び替えや要素の編集には ReactiveCollection<T> は不向きです。

ObservableCollection<T>Subscribe() の引数に指定する Action 内に処理を記述するので、 Collection の要素の入れ替えや編集など を記述する場合に適しています。 Collection の要素に対して処理を加えたい場合は ObservableCollection<T> を利用するとよいでしょう。

本記事を執筆する上で以下の記事を参考にしました。

まとめ

本記事のまとめは以下の通りです。

  • Collection への要素の追加を即座に ListBox に反映する方法を紹介
    • ObservableCollection<T> を利用する方法
    • ReactiveCollection<T> を利用する方法

以上、 k-so16 でした。 Collection は便利な反面、扱いが時々難しいこともあって面白いですね(笑)

おすすめの記事