Shuttle SZ270 R9 に LSI MegaRAID 9261-8i で RAID を構成してみた

こんにちは、じんないです。

弊社は評価環境に VMware vSphere を使用しています。ちょうど昨年にリプレイスが完了して、安定稼働しています。

基盤には Shuttle SZ270 R9 を使用してます。 SZ270 は RAID 対応と書いてあるのですが、Intel Rapid Storage Technology によるソフトウェア RAID のため ESXi では使えません

以前に BIOS から設定してみたこともありましたが、やはり ESXi からは認識してくれませんでした。

ということで、RAID カードを追加して構成してみることにしました。ハードウェアとの相性はわかりませんが、少なくとも ESXi との相性は担保したいので VMware 互換性ガイドを見ながら選定します。

もう10年物になりますが、LSI MegaRAID 9261-8i にしました。

構成

  • 本体: Shuttle SZ270 R9
  • RAID カード: MegaRAID 9261-8i (LSI)
  • HDD: WD 赤 3TB×3
  • RAID: RAID 5
  • 仮想化基盤: VMware vSphere 6.5 u2

組み立て

RAID カードは某オークションで手配しました。 Mini SAS が2つついてます。 HDD へは変換して SATA で接続します。

PCI は 16 レーンの方が空いていたのでそっちを使います。

何も意識してなかったのですが、本体はフルハイトなのに付属品はロープロだったという・・・笑
ちょうどいいのが無かったので、ブラケットをぶった切って両面テープで固定してます(そのうち何とかします)

Boot Mode の変更

さぁ、電源を入れて RAID の構成に移りたかったのですが、RAID の設定に突入できる画面が出てこず。

色々試していると BIOS の Boot Mode が UEFI だとダメなようです。Legacy へ変更します。

ようやく設定画面が出てきたので、 <Ctrl><H> で WebBIOS へ突入します。

RAID 構成

WebBIOS による RAID の構成方法は以下のサイトを参考にしました。

MegaRAID 設定方法 – WEB BIOSによる設定

Read Policy は Normal(先読みなし)
Write Policy は Write Back with BBU(バッテリーが良好ならライトバック、そうでなければライトスルーに自動切替) を選択してます。
※バッテリーが生きているかは怪しいですが・・・

ESXi からストレージを確認

vCenter Server に接続し、ストレージデバイスを確認すると、ちゃんと認識していました。この瞬間が一番緊張します。笑

もし、ストレージやストレージアダプタが見えてない場合、ドライバが不足している可能性があります。
※比較的古いものだと大丈夫だと思いますが。。。

その場合は、RAID カードのドライバを ESXi のイメージに組み込む必要があります。これは RAID カードに限ったことではなく、NIC などでもよくある話です。

任意のドライバを組み込んだカスタムイメージの作成方法は以下の記事を参考にしてみてください。

VMware ESXi のカスタムインストールディスクの作成方法

ではまた。

SNSでもご購読できます。