JavaScript reduce関数を使用して重複なしの一覧を作成する

こんにちは。ふっくんです。

前回はjavascriptのreduce関数を使用して、合計値を求める方法を紹介しました。
JavaScript reduce関数を使用して合計を求める

今回は、reduce関数を使用して配列から重複なしの一覧を作成する方法をご紹介します。

reduce関数を使用して配列から重複なしの一覧を作成する

例えば、以下のような連想配列があるとしましょう。
アンケートで好きな動物を答えてもらった時のデータを想定します。

const animals = [
  {'id': 1, 'kind': 'dog'},
  {'id': 2, 'kind': 'cat'},
  {'id': 3, 'kind': 'birds'},
  {'id': 4, 'kind': 'monkey'},
  {'id': 5, 'kind': 'cat'},
  {'id': 6, 'kind': 'dog'},
  {'id': 7, 'kind': 'giraffe'},
  {'id': 8, 'kind': 'birds'},
  {'id': 9, 'kind': 'dog'},
  {'id': 10, 'kind': 'dog'},
]

この animals から kind の一覧を作成してみます。あくまで一覧を作成したいので重複しているデータは取り除きましょう。
つまり、以下のような配列が作りたいのです。

const list = [
  'dog',
  'cat',
  'birds',
  'monkey',
  'giraffe',
]

このような配列をreduce関数を使用して作成するには以下のようなコードになります。

const animals = [
  {'id': 1, 'kind': 'dog'},
  {'id': 2, 'kind': 'cat'},
  {'id': 3, 'kind': 'birds'},
  {'id': 4, 'kind': 'monkey'},
  {'id': 5, 'kind': 'cat'},
  {'id': 6, 'kind': 'dog'},
  {'id': 7, 'kind': 'giraffe'},
  {'id': 8, 'kind': 'birds'},
  {'id': 9, 'kind': 'dog'},
  {'id': 10, 'kind': 'dog'},
]

const list = animals.reduce((p, x) => (p.indexOf(x.kind) !== -1) ? p : [ ...p, x.kind ], [])

出力

[
  'dog',
  'cat',
  'birds',
  'monkey',
  'giraffe',
]

ソースコードの解説をしておきます。

  1. reduce関数内の p x は任意の文字で構いません。 p には初期値、 x には配列の各要素が入ります。
  2. 一番後ろにある [] は初期値です。ここで初期値を設定します。
  3. indexOf は対象が見つからなかった場合に -1 を返しますので (p.indexOf(x.kind) !== -1) ? p : [ ...p, x.kind ]p の配列の中に x.kind が見つかればp を、見つからなければ px.kind を追加して返します。
  4. [ ...p, x.kind] ここではスプレッド演算子を使用していますので、あまり知らないよって方はこちらをご確認ください。
    スプレッド構文 – JavaScript | MDN

他にもjavaScriptの便利な関数を紹介していますので、ぜひご覧ください!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*