[.NET Core] VS Code を使った xUnit ユニットテストの導入

VS Code で xUnit を使ったテストプロジェクトを追加して、テストを実行してみます。

概要

環境は下記の通り .NET Core 3.0 がインストールされた状態です。

  • Visual Studio Code 1.39.1
  • .NET Core 3.0 (SDK 3.0.100)

ソリューションは Blazor Server 入門記事 で Blazor アプリのプロジェクトを src フォルダ以下に作成した状態とします。

Blazor でなくとも .NET Core アプリのプロジェクトであればなんでもかまいません。

my-first-blazor-app/
└ src/
  └ MyFirstBlazorApp.csproj

ここに下記のようにテストプロジェクトを追加します。

my-first-blazor-app/
├ src/
│ └ MyFirstBlazorApp.csproj
└ test/
  ├ MyFirstBlazorApp.Test.csproj
 └ UnitTest1.cs

テストプロジェクトの作成

xUnit のプロジェクトテンプレートは .NET Core の SDK にデフォルトで含まれていますので xunit という名前で利用することができます。

まず、 dotnet new コマンドで xunit のプロジェクトを作成します。今回はフォルダとプロジェクト名を指定するため -o オプションと -n オプションをつけています。

$ dotnet new xunit -o test -n MyFirstBlazorApp.Test
The template "xUnit Test Project" was created successfully.

Processing post-creation actions...
Running 'dotnet restore' on test\MyFirstBlazorApp.Test.csproj...
  C:\Repos\my-first-blazor-app\test\MyFirstBlazorApp.Test.csproj の復元が 893.27 ms で完了しました。

Restore succeeded.

Restore succeeded と表示されれば OK です。

test フォルダに移動し、テスト対象のプロジェクトへの参照を追加します。

$ cd test
$ dotnet add reference ../src/MyFirstBlazorApp.csproj

プロジェクトファイル (test\MyFirstBlazorApp.Test.csproj) は下記のようになります。

<Project Sdk="Microsoft.NET.Sdk">

  <PropertyGroup>
    <TargetFramework>netcoreapp3.0</TargetFramework>

    <IsPackable>false</IsPackable>
  </PropertyGroup>

  <ItemGroup>
    <PackageReference Include="Microsoft.NET.Test.Sdk" Version="16.2.0" />
    <PackageReference Include="xunit" Version="2.4.0" />
    <PackageReference Include="xunit.runner.visualstudio" Version="2.4.0" />
    <PackageReference Include="coverlet.collector" Version="1.0.1" />
  </ItemGroup>

  <ItemGroup>
    <ProjectReference Include="..\src\MyFirstBlazorApp.csproj" />
  </ItemGroup>

</Project>

テスト実行

test フォルダには UnitTest1.cs が既定で作成されていますので、最初はこれを編集してテストを実装してみます。

とりあえず UnitTest1.Test1 が確実に失敗するよう Assert.True(false); とでも書いておきます。

using System;
using Xunit;

namespace MyFirstBlazorApp.Test
{
    public class UnitTest1
    {
        [Fact]
        public void Test1()
        {
            Assert.True(false);
        }
    }
}

ここで [Fact] が xUnit においてテストケースを表す属性です。もう少し複雑なテストの場合は [Theory] 属性を指定しますが、そのあたりは別の記事にします。

編集できたらテストを実行してみます。テストフォルダで dotnet test コマンドを実行します。

$ cd test
$ dotnet test

C:\Repos\my-first-blazor-app\test\bin\Debug\netcoreapp3.0\MyFirstBlazorApp.Test.dll(.NETCoreApp,Version=v3.0) のテスト実行
Microsoft (R) Test Execution Command Line Tool Version 16.3.0
Copyright (c) Microsoft Corporation.  All rights reserved.

テスト実行を開始しています。お待ちください...

合計 1 個のテスト ファイルが指定されたパターンと一致しました。

[xUnit.net 00:00:01.19]     MyFirstBlazorApp.Test.UnitTest1.Test1 [FAIL]

  X MyFirstBlazorApp.Test.UnitTest1.Test1 [5ms]
  エラー メッセージ:
   Assert.True() Failure
Expected: True
Actual:   False
  スタック トレース:
     at MyFirstBlazorApp.Test.UnitTest1.Test1() in C:\Repos\my-first-blazor-app\test\UnitTest1.cs:line 11


テストの実行に失敗しました。
テストの合計数: 1
     失敗: 1
合計時間: 2.2081 秒

無事失敗したことが確認できます。当然ながら Assert.True(false);Assert.True(true); とすると成功します。

詳細な実行結果の表示

dotnet test だけだと簡潔なテスト結果しか表示されないため、テスト中のログやテストケースの一覧を表示するには下記のようなオプションを指定します。

dotnet test --logger:"console;verbosity=detailed"

こうすると下記のように詳細な結果が表示されます。

$ dotnet test --logger:"console;verbosity=detailed"
C:\Repos\my-first-blazor-app\test\bin\Debug\netcoreapp3.0\MyFirstBlazorApp.Test.dll(.NETCoreApp,Version=v3.0) のテスト実行
Microsoft (R) Test Execution Command Line Tool Version 16.3.0
Copyright (c) Microsoft Corporation.  All rights reserved.

テスト実行を開始しています。お待ちください...

合計 1 個のテスト ファイルが指定されたパターンと一致しました。
C:\Repos\my-first-blazor-app\test\bin\Debug\netcoreapp3.0\MyFirstBlazorApp.Test.dll

[xUnit.net 00:00:00.00] xUnit.net VSTest Adapter v2.4.0 (64-bit .NET Core 3.0.0)
[xUnit.net 00:00:01.07]   Discovering: MyFirstBlazorApp.Test
[xUnit.net 00:00:01.13]   Discovered:  MyFirstBlazorApp.Test
[xUnit.net 00:00:01.14]   Starting:    MyFirstBlazorApp.Test
[xUnit.net 00:00:01.25]     MyFirstBlazorApp.Test.UnitTest1.Test1 [FAIL]
[xUnit.net 00:00:01.25]       Assert.True() Failure
[xUnit.net 00:00:01.25]       Expected: True
[xUnit.net 00:00:01.25]       Actual:   False
[xUnit.net 00:00:01.25]       Stack Trace:
[xUnit.net 00:00:01.25]         C:\Repos\my-first-blazor-app\test\UnitTest1.cs(11,0): at MyFirstBlazorApp.Test.UnitTest1.Test1()
[xUnit.net 00:00:01.26]   Finished:    MyFirstBlazorApp.Test

  X MyFirstBlazorApp.Test.UnitTest1.Test1 [5ms]
  エラー メッセージ:
   Assert.True() Failure
Expected: True
Actual:   False
  スタック トレース:
     at MyFirstBlazorApp.Test.UnitTest1.Test1() in C:\Repos\my-first-blazor-app\test\UnitTest1.cs:line 11


テストの実行に失敗しました。
テストの合計数: 1
     失敗: 1
合計時間: 2.3682 秒

--logger オプションの詳細は下記を参照してください。

verbosity には quiet, minimal, normal, detailed の 4 種類が指定できます。

ちなみにこのドキュメントには dotnet test-v オプションでも同様の指定となると書いてありますが、私の環境で実行した限りは -v オプションでは MSBuild のビルドログも冗長になってしまい、逆に見にくくなってしまいました。 --logger オプション内で指定するほうはテストログだけが冗長になりますので、こちらのほうがよいと思います。

VS Code タスクの設定

VS Code のターミナルでコマンドを叩くのもよいですが、せっかくなので VS Code のタスク機能からテストを実行できるようにしてみます。

すでに VS Code で .NET Core をデバッグしている場合は .vscode/tasks.json が存在しているはずなので、これを開きます。なければ作成します。

tasks.json には既にビルド・デバッグ用のコマンドがいくつか定義されているはずなので、 "tasks" の最後に test タスクを追加します。

基本的には他のタスクと同様 dotnet コマンドの実行です。 args パラメーターを利用して先述の test --logger:"console;verbosity=detailed" を指定します。

{
    "version": "2.0.0",
    "tasks": [
        ~中略~
        {
            "label": "test",
            "command": "dotnet",
            "type": "shell",
            "group": "test",
            "args": [
                "test",
                "test/MyFirstBlazorApp.Test.csproj",
                "--logger:\"console;verbosity=detailed\""
            ],
            "presentation": {
                "reveal": "silent"
            },
            "problemMatcher": "$msCompile"
        }
    ]
}

これでコマンドパレット (Ctrl + Shift + P) から [Tasks: Run Tasks] を選択し、label で指定した test を選べば、タスク用のターミナルが起動し、テストが実行されます。

これでテストプロジェクトの導入は完了です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください