[サーバー証明書] pfx 証明書の作成とIISへのインポート方法

こんにちは。

今回は、Microsoft IISへインストールするための証明書 PKCS#12(pfx) 形式への変換する方法IISへのインポート方法 を紹介します。

以下の記事で証明書を作成し、手元には 秘密鍵のファイル(本手順では test.key)証明書のファイル(本手順では test.cer) が別々にあり、それを元に pfx形式に変換 した際の手順です。
[サーバー証明書] UPKI向けCSRとTSVの作成方法

pfx形式への変換手順

opensslコマンドが使える環境で実施します。

  1. 以下のコマンドを実行します。
    openssl pkcs12 -export -inkey test.key -in test.cer -out test.pfx
  2. パスワードを求められるため、入力します。(メモしましょう)
Enter Export Password:
Verifying - Enter Export Password:

これで作成は完了です。簡単ですね!

IISへのインポート手順

  1. 前項で作成した、 pfxファイルをインストールするIISサーバーに転送 します
  2. IISマネージャーから、サーバー証明書 を開きます
  3. インポート を開き、 作成したpfxファイルを指定 し、 インポートを完了 します

    ↓ pfxファイルを指定し、作成じに設定したパスワードを入力します

    ↓ インポートされたことを確認し閉じます

    ↓ 一覧に表示されたことを確認します
  4. 証明書を適用するサイトを選択しバインド します

    ↓ 各項目設定します

    ↓ 設定されていることを確認し画面を閉じます

以上で設定は完了です。

あとがき

中間証明書をインストールしていない場合は、以下を参考に併せて実施してください。
NIIではない基幹でも手順としては同じ流れになると思います。
IIS8.0・IIS8.5編 – UPKI_Manual – meatwiki

それでは次回の記事でお会いしましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください